瀬令奈 新パター大当たり首位発進!前日投入決断ピン型で66

瀬令奈 新パター大当たり首位発進!前日投入決断ピン型で66

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/07/13

◇女子ゴルフツアー ニッポンハム・レディース第1日(2019年7月11日 北海道 桂GC)

No image

<ニッポンハムレディース・初日>2番、青木瀬令奈はパットを手にするティーショットを放ち笑顔を見せる(撮影・西尾 大助)

ツアー通算1勝の青木瀬令奈(26=三和シヤッター工業)が8バーディー、2ボギーの6アンダー、66で回り、河本結(20=フリー)と並んで首位発進した。開幕前日に投入を決めたピン型パターが大当たり。ロングパットを次々に沈め、今季初めてトップに立った。1打差の3位にはイ・ボミ(30=韓国)が続いた。

「ピンときた」という直感が当たった。今季初めて、試合で手にしたピン型パターで今季ベストの66。昨年8月以来となる首位に立ち「今日はいいバーディーがたくさんあった。昨日、パターを替えてストロークも良くなったし、思った所にしっかり打てた」と声が弾んだ。

前半の12番で15メートル、16番で10メートル、後半に入っても5番で10メートルのチャンスを沈めた。前日に「しっくりこなかった」と、パターをエースのマレット型からピン型に変更。これが8バーディーの量産につながった。今季ここまでの最高成績は12位。昨季、北海道で開催されたニトリ・レディース、北海道meijiカップはいずれもトップ10と好相性で「洋芝が好きで北海道はいい順位のイメージがある。まずはトップ10入りを」と力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稲森が43位、浅地が50位で最終日へ 全英OP
ローリーが4打差首位で全英OP最終日へ、「63」記録し「最高の1日」
ついに同組での優勝争い実現 ヅカコンビが華麗に舞う?【きょうの注目組】
荒天が予想される最終日 “27年ぶり”  のイングランド勢、“独占”がかかる米国勢の逆転はあるか?
松山、連続予選通過25で止まった またリンクスに泣く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加