Tシャツで“やけど”インク販売会社役員ら書類送検

Tシャツで“やけど”インク販売会社役員ら書類送検

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/12
No image

動画を見る(元記事へ)

去年、神奈川県茅ケ崎市で開催されたスポーツ大会で配られたTシャツを着た参加者がやけどをするなどした事故で、警察は12日午前、インク販売会社の役員ら2人を書類送検しました。

捜査関係者によりますと、会社役員の60代の男ら2人はTシャツのプリントの発色を良くするため、皮膚にかぶれなどの症状が出る薬品を使い、安全性を確認しないまま販売し、スポーツ大会の参加者100人以上に重軽傷を負わせたとして書類送検されました。薬品には化学物質「塩化ジデシルジメチルアンモニウム」が含まれていて、負傷者のなかにはやけどなどで入院した人もいました。調べに対し、2人は容疑を認めています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
パートナーに蹴られた盲導犬、無事保護され嬉しそうに駆け回る姿が公開!
立憲民主党の軍師は誰だったのか?選挙後の朝日新聞の暴露記事に期待
「大便騒動」新宿駅に続き秋葉原駅でも  利用客が目撃した「衝撃の場面」とは
テルモの医薬品工場 機械に上半身挟まれ男性死亡
清水良太郎容疑者を通報した風俗嬢が“キメセク強要”を告白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加