日本ハム清宮、カブス移籍のダルと初対面「オーラがありました」練習試合は代走出場

日本ハム清宮、カブス移籍のダルと初対面「オーラがありました」練習試合は代走出場

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/02/15
No image

二塁走者でリードをとる清宮

「練習試合、日本ハム1-2LGツインズ」(13日、スコッツデール)

ドラフト1位・清宮幸太郎内野手(早実)が、野球人生初となる代走で途中出場した。

1-2で迎えた七回。先頭の森山が中前打で出塁すると出番がきた。「KIYOMIYA」と場内アナウンスが流れ、一塁へ。1死後、中島とヒットエンドランを実行。「落ち着いてサインを見られましたし、ミスもなかったと思います」とスタートを切り、チャンスを拡大させた。

その後は一塁の守備に就き、フライを無難に捕球するなど2イニングをノーミス。「一歩前進かなと思います」。栗山監督は「動きを見ていても、野球の中に入れば全然大丈夫」と及第点を与えた。

試合前の練習では、新たにカブスへの入団が決まったダルビッシュ有投手と初対面。自ら歩み寄って握手を交わし「すごくオーラがありましたし、体も大きかったです。まだまだ自分は程多いなあというか…。でも、そういう存在になりたいなあと思います」と大きな刺激を受けていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
虎の遊撃手争い激化!西岡“足”で存在感 糸原も2安打でアピール
阪神・中谷、課題克服直球撃ち!センター危機の中...金本監督「収穫」
青木点火打!山田で同点!バレは連発! 燕再建へヤク者そろい踏み
カーリング女子銅メダル、悔し涙から一夜笑顔戻った
清宮、三振デビュー 急性胃腸炎“問題なし”9回代打で初打席
  • このエントリーをはてなブックマークに追加