極楽加藤、平野歩夢&ホワイトのハーフパイプ激闘に熱中 仕事、1時間遅刻を告白

極楽加藤、平野歩夢&ホワイトのハーフパイプ激闘に熱中 仕事、1時間遅刻を告白

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/02/15
No image

極楽とんぼ・加藤浩次

極楽とんぼの加藤浩次が15日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」に生出演し、14日に行われた平昌五輪スノーボード男子ハーフパイプ決勝に熱中するあまり、仕事に遅刻したことを告白した。

決勝では、結果的に銀メダルとなった平野歩夢(木下グループ)と金のショーン・ホワイト(米国)の激闘が繰り広げられた。

北海道小樽市出身の加藤は平野の健闘に「冬季五輪の歴史に残る名勝負。素晴らしい銀メダルです。本当に」と賛辞を贈ったが、この様子は前日、同番組の生放送を終えて同局の楽屋で生観戦していたという。

「俺ね、仕事があったんですよ。スッキリ終わって日本テレビの楽屋で見ていたんだけど、次の仕事行かなかったもん。“すいません”って、1時間遅れで行きましたけど。(楽屋から)出れなかったですもん」と加藤。

2人の激闘をVTRで振り返りながら、「4回転を2回というのは練習でもほぼ成功しないんですって。ショーン・ホワイト選手は(試合で)やったことない訳だし、平野選手は(試合で)成功したことはあるけど、練習ではたまにできることを2人はやり遂げたんだから。そのレベルでの1位、2位だからね。これは20年、30年後に語り継がれる試合ですよ」と一夜明けても興奮冷めやらぬ様子だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生結弦の「ある行動」に称賛続々! ファンが感動した「心遣い」とは
アイスダンスで仏代表の衣装はだける、選手は「悪夢」と涙 平昌五輪
ミタパン、羽生の神対応を明かす 「疲れたよ~」とこぼすもカメラ回ると...
フィギュア・アイスダンスの韓国ペア、衣装はだけるハプニング<平昌五輪>
羽生選手、連日各局の取材攻め 失礼な質問を逆手に名を上げたアナウンサーとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加