若き日の小野や本田が放った輝き オランダで欧州“一歩目”を刻んだ日本人選手の系譜

若き日の小野や本田が放った輝き オランダで欧州“一歩目”を刻んだ日本人選手の系譜

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/08/12
No image

堂安が今季フローニンゲンに加入! 開幕戦でヘーレンフェーンの小林と“日本人対決”

かつても今も、オランダ・エールディビジは「一歩目」のリーグである。南米や北欧、アフリカやアジアからやってきた若き俊英が、エールディビジからキャリアを切り開いていった。

日本人も例外ではない。1980年代に清水東高校を卒業した望月達也がハーレムに加入し、エールディビジデビューを飾る。テルスターでもプレーした彼は、日本人4人目の欧州プロ選手となった。

Jリーグ開幕イヤーの93年には、小倉隆史が名古屋グランパスからエクセルシオールへ期限付き移籍する。2部リーグながら14得点をマークしたことで1部の強豪クラブから獲得オファーを受けるものの、様々な事情から帰国を決意した。

エールディビジにおける日本人選手の評価を高めたのは、小野伸二(現北海道コンサドーレ札幌)に他ならない。2001年夏に名門フェイエノールトの一員となった彼は、現サウジアラビア代表監督のベルト・ファン・マルワイクが統べるチームでセントラルMFに定着する。のちにACミランへ移籍するヨン・ダール・トマソン、アーセナルのエースとなるロビン・ファン・ペルシーらと流麗なコンビネーションを築き上げ、加入1年目にUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)制覇の一員となった。フェイエノールトには5シーズン在籍し、112試合出場19得点をマークした。

本田はオランダから飛躍した最初の日本人に

小野に続いたのは平山相太(現ベガルタ仙台)である。国見高校から筑波大学へ進学していた長身FWは、05-06シーズンにヘラクレス・アルメロへ電撃的に加入する。

デビューも衝撃だった。途中出場から2ゴールを叩き出す最高のスタートを切り、最終的にはチーム最多8ゴールを記録する。翌シーズンはさらなる飛躍が期待されたものの、開幕直後にJリーグのFC東京へ移籍した。

平山と同じ北京五輪世代では、エールディビジへの挑戦を経て日本代表の主力に定着した選手が二人いる。

一人目は本田圭佑(現パチューカ)だ。星稜高校から名古屋グランパスへ加入したレフティーは、08年1月にVVVフェンロへ完全移籍する。ところが、チームはそのシーズンに2部へ降格してしまう。

VVVに残留するか、移籍を模索するか――。08年夏の北京五輪を経て本田が下した結論は、2部での自己改革だった。「攻撃の選手は、決定的な仕事をしないと評価されない」とのシンプルな原理を、VVVで突き詰めることにしたのだ。

果たして彼は、シーズン16ゴールをあげて1部復帰の原動力となる。FKキッカーとしても覚醒し、左腕にはキャプテンの腕章が巻かれた。09-10シーズンも前半戦だけで8ゴールをマークし、冬の移籍市場でUEFAチャンピオンズリーグに出場していたロシアの強豪CSKAモスクワへ引き抜かれる。エールディビジからのステップアップを勝ち取った、最初の日本人となったのである。

宮市が在籍半年で残したインパクト

No image

北京五輪で本田とともに戦った吉田麻也(現サウサンプトン)は、10年1月からVVVのメンバーとなった。しかし、合流まもなく負傷に見舞われてしまう。

リーグ戦デビューを飾ったのは、同年10月だった。加入3季目の11-12シーズンはCBのレギュラーとして稼働し、1年遅れで移籍してきた同じ北京五輪世代のカレン・ロバートとともにプレーした。

飛躍のタイミングは12-13シーズンの移籍市場である。直前のロンドン五輪にオーバーエイジで出場し、キャプテンとして日本のベスト4進出に貢献した実績が評価され、プレミアリーグのサウサンプトンへの移籍が成立したのだ。

吉田と同時期には、宮市亮(現ザンクトパウリ)もエールディビジでプレーした。10年末にアーセナル加入が発表されると、英国の就労ビザの関係ですぐにフェイエノールトへレンタルされた。

中京大中京高校卒業を控えた18歳は、ここで鮮烈なインパクトを記す。爆発的なスピードを生かしてポジションをつかみ、欧州主要リーグでの日本人最年少出場と同得点の記録を打ち立てた。

そのインパクトが12試合出場3得点という数字以上だったことは、14-15シーズンにトゥウェンテが獲得したことからもうかがえる。アーセナルで出場機会に恵まれない宮市を、地元ファンは万雷の拍手で迎えた。コンディションが上がらずに、結果は残せなかったのだが……。

「組織のなかで輝く個」を求めるオランダ

No image

結果という意味では、ハーフナー・マイク(現ヴィッセル神戸)は周囲を納得させた。11-12シーズン途中からフィテッセの最前線に立ち、12-13シーズンと13-14シーズンに二桁得点をマークする。これによってリーガ・エスパニョーラのコルドバへの移籍を勝ち取るが、新天地では出場機会に恵まれない。HJKヘルシンキを経て15-16シーズンにエールディビジへ復帰したハーフナーは、ADOデンハーグで得点源となり、今夏にヴィッセル神戸入りした。

16-17シーズンからは、小林祐希がヘーレンフェーンのユニフォームを身に纏っている。若手育成に定評のあるクラブで、日本の異才は1年目から主力を担った。

そして来る新シーズンは、今夏ガンバ大阪からフローニンゲンに移籍した堂安律がエールディビジのピッチに立つ。現地時間13日に行われる開幕戦の相手は、小林のヘーレンフェーンだ。プレシーズンから好調を維持する堂安が、フローニンゲンを勝利へ導くのか。いきなりの日本人対決で小林が意地を見せるのか。

4-3-3の攻撃的スタイルをベースとするオランダのサッカーは、「組織のなかで輝く個」を求める。チームの勝利を後押しする煌めきを発揮した者こそが、さらなる高みへの「第二歩」を踏み出していく。

【了】

戸塚 啓●文 text by Kei Totsuka

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
シャルケ内田、独2部ウニオン・ベルリンへ電撃移籍 1年契約、背番号は「2」に決定
長友「不死ゴリラ」抱負な運動量でV貢献 31日豪州戦任せろ
内田篤人、独2部ウニオン・ベルリン移籍が決定! 1年契約で背番号は2
Cロナウドが怒り爆発。退場時スタンドめがけ「そうやってお前らは...」
内田ドイツ2部ウニオン移籍、決め手はケラー監督
  • このエントリーをはてなブックマークに追加