傷心ハメスが沈黙を破った! 痛恨の日本戦黒星に「勝者はミスをしたくらいでは...」

傷心ハメスが沈黙を破った! 痛恨の日本戦黒星に「勝者はミスをしたくらいでは...」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/06/20
No image

スタジアムでは一言も語らなかったハメス。厳しい現実を受け入れ、ツイッターで絞り出すように言葉を紡いだ。(C)Getty Imags

コロンビア代表の大エースが、ついに沈黙を破った。

火曜日の日本戦は怪我の影響でスタメンから外れ、後半途中の59分からピッチに登場したハメス・ロドリゲス。1-1の状況下で懸命に攻撃をリードしたが、動きはどこか重く、プレーにも本来の切れはなかった。73分に大迫勇也に決勝点を奪われ、万事休す。初の世界制覇を見据えて臨んだ前回大会得点王は失意のまま、無言で会場を後にした。

試合終了からおよそ7時間後、自身のツイッターを更新。力強くリベンジを誓った。

「勝者はミスをしたくらいで足を止めたりしない。頭を上げて、より良くするために忍耐強く、次のチャンスを待つものだ。僕は代表チームを信じているよ」

第2試合ではポーランドがセネガルに苦杯を舐めた。トップ2を争うと見られていたコロンビアとポーランドは揃って崖っぷちの窮地に追い込まれたのだ。次戦の直接対決は勝利しか許されない。

はたしてハメスのコンディシィンは回復するのか。世界中のサッカーファンが注視している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ日本代表は「タトゥー」を入れている選手がほとんどいないの?=中国メディア
「日本は誰にとっても“2番目に贔屓”のチーム」米メディアがW杯出場32か国・最終格付けで特大の賛辞!
フランスがクロアチアのオウンゴールで先制 前半18分
フランスの神童・エムバぺ、一転「嫌いになる」人が続出! 遅延行為で「劇団ネイマールの一員」
W杯フランス優勝&旭日旗がパリ祭パレードの先頭に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加