【投資のヒント】決算発表後に目標株価の引き上げが目立つ銘柄は

【投資のヒント】決算発表後に目標株価の引き上げが目立つ銘柄は

  • ZUU online
  • 更新日:2017/08/10

先月下旬からスタートした3月決算企業の第1四半期の決算発表も終盤ですが、一足早く7月中に決算を発表した銘柄ではアナリストによる業績や目標株価の見直しもある程度進んだと思われます。

そこで今回は先月の27日に決算を発表したTOPIX500採用の3月期決算銘柄を対象に決算後に2社以上から目標株価の引き上げがあったもの(足元の株価を上回るもののみ対象)をピックアップしてみました。

そのなかでも目標株価の引き上げが目立つのが、第1四半期決算の営業利益が大幅な増益となったオムロン <6645> で、決算発表後に6社が目標株価を引き上げています。

また、市場予想を大きく上回る第1四半期決算を発表した富士通 <6702> や通期予想を上方修正した小糸製作所 <7276> でも5社が目標株価を引き上げています。さらにアルプス電気 <6770> と東京エレクトロン <8035> でも4社が目標株価を引き上げています。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スノーピークの株価が「山の日」を前に急落した理由
シャープ、人材が「もぬけの殻状態」...日本電産が容赦なく大量の技術者を引き抜き
バイク販売不振、原付振るわず 「厳しい生産・販売環境続く」
BMW『R80RT』の面影は......ほぼなし!もはや芸術的なカスタムバイク『White Phantom』
銀行が教えてくれない「住宅ローン125%ルール」の危険な落とし穴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加