最新ランキングをチェックしよう
大気汚染によるアトピー性皮膚炎発症メカニズムの一端を解明

大気汚染によるアトピー性皮膚炎発症メカニズムの一端を解明

  • QLife
  • 更新日:2016/12/01

転写因子「AhR」の活性化とアトピー性皮膚炎の関係探る
画像はリリースより
 アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質の人に見られる、慢性的なかゆみを伴う皮膚炎です。虫に刺されたときのような一時的なかゆみとは異なり、強いかゆみを伴う湿疹が慢性的に起こり、かきむしった結果、症状がますます悪化してしまうというケースもあります。
 患者数は世界的に増加していますが、主な治療法はステロイド剤を塗ることによる対症

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃動画】もしも突然ブラックホールが地球の近くに出現したらどうなる!? 検証映像が美しくも恐ろしい!
アメリカで抗生物質が効かない「スーパーバグ」が広がっている
人工細胞の中でDNAをコンピューターとして使うことに成功―超小型ロボット実現へ
52の「知能遺伝子」が人間のIQ差に2割の影響を与えていることが徐々に明らかに
京大、貧血時に鉄の吸収を促進するフィードバック機構を発見
  • このエントリーをはてなブックマークに追加