中日森監督、大島のサヨナラ打「期待してなかった」

中日森監督、大島のサヨナラ打「期待してなかった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

中日対広島 広島にサヨナラ勝ち、ファンの声援に応える森監督(中央)。右は大島(撮影・前岡正明)

<中日6-5広島>◇10日◇ナゴヤドーム

中日が4点差をはね返し、最後はサヨナラで総力戦を締めた。引き分けをはさむ3連勝で2カード連続の勝ち越しも決めた。

先発八木が崩れ、2回表で1-5。だが打線が奮起して3回までに1点差に詰め寄り、5回で同点に。守っては3回からの継投で祖父江、伊藤、又吉が2イニングずつを無失点に抑えた。9回無死一、二塁もピンチも田島がしのぎ、その裏の攻撃で決着させた。

9回は代打谷の二塁打、京田の犠打で1死三塁。大島が今村から中前にはじき返した。大島は「チャンスで回ってきたら自分で決めるつもりで準備していた。打った瞬間、抜けたと思った」とお立ち台で息をはずませた。森監督は「期待していなかったけど、きれいに打ってくれた」とヒーローをたたえた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【イップスの深層】サイドスロー転向の一二三慎太が見せた甲子園の奇跡
サファテ史上2人目の3年連続40S、岩瀬に並ぶ
阪神大和、右脇腹を痛め交代 球団「大事を取って」
DeNA・ラミレス監督、ミラクルなサヨナラ劇に「今年の中でベストの試合」
【ソフトバンク】大分のバケモノ・今宮健太がさらなるバケモノと戦った夏の記憶
  • このエントリーをはてなブックマークに追加