最新ランキングをチェックしよう
タガノトネールが調教中の事故で骨折 予後不良の診断

タガノトネールが調教中の事故で骨折 予後不良の診断

  • netkeiba.com
  • 更新日:2016/11/30

アウォーディー・ラニの兄弟を管理する松永幹夫調教師は「兄貴を負かして欲しいですね」(撮影:花岡貴子)
 12月4日に行われるチャンピオンズCに出走を予定していたタガノトネール(セ6、栗東・鮫島一歩厩舎)が、30日の調教中に右第3中手骨開放骨折を発症、予後不良と診断され安楽死となったことがJRAより発表された。 同馬は2012年12月に競走馬としてデビュー。芝の2000m戦で新馬勝ちを飾り、翌年夏か

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
坂上忍が狩野英孝にマジ怒り、スタジオ凍りつく
『千と千尋の神隠し』の舞台「油屋」のモデルがついに判明! 美術監督が明かす
セックスレスだとヴァギナは小さくなる? アソコの嘘と本当
松方弘樹さん死去 74歳 脳リンパ腫、「仁義なき戦い」「柳生一族の陰謀」
凍える寒さから野良犬・野良猫を守るために、お店を開放した人々。その優しさに胸が熱くなる(8枚)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加