タガノトネールが調教中の事故で骨折 予後不良の診断

タガノトネールが調教中の事故で骨折 予後不良の診断

  • netkeiba.com
  • 更新日:2016/11/30

12月4日に行われるチャンピオンズCに出走を予定していたタガノトネール(セ6、栗東・鮫島一歩厩舎)が、30日の調教中に右第3中手骨開放骨折を発症、予後不良と診断され安楽死となったことがJRAより発表された。

同馬は2012年12月に競走馬としてデビュー。芝の2000m戦で新馬勝ちを飾り、翌年夏からダートに転向。2015年のサマーチャンピオンで重賞初制覇を果たすと、同年のマイルCS南部杯でも2着に入るなど活躍を見せた。今年は連覇を狙ったサマーチャンピオンこそ3着に終わったものの、続く武蔵野SをレコードタイムでV。チャンピオンズCでの活躍も期待されていた。

【プロフィール】
◆タガノトネール(セ6)
厩舎:栗東・鮫島一歩
父:ケイムホーム
母:タガノレヴェントン
母父:キングカメハメハ
馬主:八木良司
生産者:新冠タガノファーム
通算成績:38戦8勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2016年武蔵野S(GIII)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
キレるとヤバい?「瑛太の弟」永山絢斗が生放送中に突然、絶叫する放送事故
FA史に残る嫌われ者!? 巨人移籍のDeNA山口に「出て行ってよかった」の大合唱
「銀魂」橋本環奈の衝撃オレンジヘア解禁!
部下を必ずつぶしてしまう上司の特徴
山下智久、事務所との決裂危機を救ったあの人物のひと言「僕と契約しよう」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加