親孝行ドライブ「オヤイブ」スタート トヨタレンタリース栃木と協働

親孝行ドライブ「オヤイブ」スタート トヨタレンタリース栃木と協働

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2016/11/29
No image

大学生が若者を分析して商品開発などを行っている若者マーケッター集団「ADK 若者スタジオ(以下、ワカスタ)」(運営・アサツー・ディ・ケイ、ADK)は2016年11月22日、トヨタレンタリース栃木と協働して親孝行ドライブ企画「オヤイブ」を始めた。

若者が両親とトヨタレンタリースのレンタカーに乗り、「日光東照宮」のような定番の観光地や「那須どうぶつ王国 カピバラの湯」などの名所へ連れて行ける上、山道の運転や駐車の練習にもなるという。

「オヤイブ」は、「ワカスタ」のマーケティングコンテスト「ワカスタビジコン」の2015年度大会で最優秀賞に選出された。「那須コース」「塩原コース」「日光コース」「鬼怒川コース」の2つずつ、計8コースがある。

キャンペーンサイトでは現役大学生の2人が「オヤイブ」を体験し、その模様を公開中だ。1人は明治大学のNEMESANさんで、ロックバンド「SALTY DOG」でドラムを担当する。もう1人は青山学院大学の青木ほのかさん。国内最大級の学生イベント「CAMPUS COLLECTION」でモデルとして活躍する。

また、サイトを見ることで、親子の絆が深まる姿も注目してほしいという。

「親孝行」という言葉は、いまの大学生には「自分ブランディング」に役立つと理解されているようだ。「オヤイブ」実施に合わせ、「ワカスタ」PR事務局は大学生・大学院生4000人に「友達のSNSで親孝行ネタの投稿を見たことがありますか」というアンケート調査を行った。結果は「はい」が56%、「いいえ」が44%だった。<J-CASTトレンド>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
南太平洋でM7.8の地震 日本への被害の心配なし
ソロモン諸島でM8.0の地震
ウェザーニュース
三反園・鹿児島知事判断示さぬまま 川内1号機運転再開 反原発派「言い訳ばかり」
“仮面ライダー”松田悟志、お手柄!妻盗撮男を現行犯逮捕
多摩川遺体“少年の行方”捜す男女の影も―
  • このエントリーをはてなブックマークに追加