最新ランキングをチェックしよう
初挑戦のポジションでフル出場、MF遠藤渓太が感じた難しさとは

初挑戦のポジションでフル出場、MF遠藤渓太が感じた難しさとは

  • サッカーキング
  • 更新日:2018/01/14

慣れないポジションで90分間やり切った。MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)は「対面の相手に勝つ」ことを意識して、左のウイングバックに入った。
 13日に行われたAFC U-23選手権のグループリーグ第2戦、タイは予想以上に引いてきた。フォーメーションを日本と同じ[3-4-2-1]に変え、守備時には5バックの陣形。日本は試合終了間際までゴールネットを揺らすことができなかった。
「ミラーゲームということ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ディズニーR、入園前にぐったり、年間パス使用不可日...値上げしても顧客満足度低下の惨状
大迫決定機で空振り...柴崎クロスを決められず、乾シュートもクロスバー
【セルジオ越後】決定機をフイにしすぎ...大迫は“中途半端”だし、香川は消えた
川島がマネに“パス”失点FIFAは「コメディー」
「川島のGKグローブをズームすると...」フランスで“屈辱的なネタ”に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加