40男の「NG」な休日服 第4回 夏のスニーカースタイルでダサいと言われる要因は?

40男の「NG」な休日服 第4回 夏のスニーカースタイルでダサいと言われる要因は?

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/08/25
No image

もう何年も続くスニーカーブーム。ビジネスファッションにおけるスニーカー通勤の定着も相まって、そのブームはもはや新定番に昇華しました。デザイン・色のバリエーションも幅広く、オン・オフ問わず足元のスタンダードです。

ところが、スニーカーは一歩間違えると野暮ったくなります。合わせるパンツ丈や色によって、一瞬でダサく見えます。特に、夏は選び方を間違えると残念な印象です。40代はもちろん、20、30代の男性が注意すべき「夏のスニーカー対策」をお伝えします。

○スニーカーで黒を選ぶと夏は危険

印象を引き締める「黒いスニーカー」は普段は重宝します。ただし、夏はその印象が重く見え、一歩間違えれば暑苦しいのです。なかでも、絶対にやってはいけないNGコーディネートは、黒いスニーカーに明るめのパンツを合わせること!

「暗い足元を緩和するため、服くらい明るくしよう」と考えた結果、失敗するパターン。靴とパンツのコントラストが際立ち、より一層、黒スニーカーが重く見えるからです。

靴とパンツはコントラストの強弱が重要です。弱すぎるコントラストでも印象がボケますが、強すぎるコントラストでも「靴だけ浮いて見える」、つまりコーディネートにつながりが消えます。

もし、夏に黒スニーカーを合わせるならば、パンツは黒・濃紺デニムなど暗めにし、代わりに足首の肌を露出しましょう。足首の肌が見えることで重い印象が和らぎ、かつ、全身のつながりも保てるからです。

また、黒いアッパーソールに白いソールのスニーカーであれば夏も合わせられます。一方、フライニットと呼ばれるメッシュ素材の黒スニーカーであれば、軽快さを演出しやすいでしょう。

○スニーカーの魅力を台無しにするリネンシャツ

夏と言えばリゾートファッションが似合います。けれど、イタリア人がリゾートで着ていそうカラフルなリネンシャツに、スポーティーなスニーカーを合わせるとテイストがチグハグになります。

もし、リネンシャツをスニーカーで合わせるならば、紐がないスリッポンタイプのスニーカーが良いでしょう。とはいえ、リネンシャツには、同じくリゾートを感じさせるサンダル以上、スニーカー未満のレジャーシューズが合わせやすいです。

○著者プロフィール: 森井良行(もりい・よしゆき)

エレガントカジュアル 代表取締役

20代後半から40代の男性のファッションを「エレガントカジュアル」でワンランクアップさせる「服のコンサルタント」。 街のセレクトショップを歩き、顧客に試着を繰り返してもらいながら、その人に最も似合う服を探していく独自の「買い物同行」は9割以上の高い満足度を誇る。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ファッションカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【今日のコーデ】<本田翼>連休最終日は主役級のオールインワンにさし色ニットでハッピー感を♪
ボアアウターコーデ25選!今年流行りの色別にレディースファッションを大公開♪
愛され髪色「ピンクカラー系」で秋のトレンドヘアも押さえちゃお♡
気分がアガる最新“通勤バッグ”が大ヒット♪ ワンピースの2019秋トレンドコーデも【今週のファッション人気ランキング】
【GU・ユニクロ・しまむら】でゲット!秋アイテムをプチプラでそろえよう♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加