ヤクルト・山田哲が同点の3号2ラン「思い切って振り抜きました」

ヤクルト・山田哲が同点の3号2ラン「思い切って振り抜きました」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/04/18
No image

1回ヤクルト無死、二塁打を放つヤクルト・山田哲人=呉(撮影・飯室逸平)

「広島-ヤクルト」(17日、呉市二河野球場)

ヤクルト・山田哲人内野手が3号2ランを放った。

2点を追う四回無死一塁で、広島先発・九里がフルカウントから投じた134キロのシュートを捉える同点弾を左中間席に運んだ。

「最後に甘い球が来たので、思い切って振り抜きました」と振り返った納得の一撃。7試合連続安打と調子を上げてきた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DeNAロペスにビール1年分 キリン看板直撃弾で
連続出場支えた衣笠祥雄の妻・正子さん「無言のサポート」偏食直そうと料理店弟子入り
ワールドチャンピオンから見た大谷翔平の評判
衣笠氏、監督もコーチもしない「理由」 ぎりぎりの本音に感謝
鉄人・衣笠祥雄氏が死去 71歳 連続試合記録、国民栄誉賞も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加