【CL】イグアインが痛恨のPK失敗...ユーベが2点差を守り切れずにホームで手痛いドロー

【CL】イグアインが痛恨のPK失敗...ユーベが2点差を守り切れずにホームで手痛いドロー

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/02/14
No image

エリクセンの巧みなFKで同点としたトッテナム。スコアこそ同じながら2つのアウェーゴールという大きなアドバンテージを手にした。 (C) Getty Images

No image

思い切ってど真ん中に蹴り込んだショットはクロスバーを直撃…。イグアインのまさかのPK失敗が最後まで尾を引いてしまった。 (C) Getty Images

2月13日(現地時間)、チャンピオンズ・リーグ(CL)はラウンド・オブ16第1レグが行なわれ、ユベントスとトッテナムがトリノのアリアンツ・スタジアムで対戦した。

3日前にアーセナルとのノースロンドン・ダービーを制し、勢いに乗って敵地に乗り込むトッテナムは、前線にハリー・ケイン、クリスティアン・エリクセン、デレ・アリが顔を揃え、ほぼベストな陣容で強敵との一戦に臨んだ。

そんな難敵を迎え撃つユーベは、ハムストリングの故障によりパウロ・ディバラが欠場。しかし、それ以外にはゴンサロ・イグアインやジョルジョ・キエッリーニなど盤石の顔ぶれとなった。

UEFA主催試合では初対戦となる両者のマッチアップは、開始早々の2分に均衡が破れる。

相手ゴール前のFKでミラレム・ピャニッチが相手の意表を突いてゴール前にロブパスを送り込むと、ペナルティーエリア内でフリーとなっていたイグアインが背後からのボールをダイレクトボレーで叩き込んでネットを揺らした。

幸先よく先手を取ったユーベはさらに攻勢を強めると、9分にフェデリコ・ベルナルデスキがベン・デイビスにボックス内で倒されてPKを奪取。これをイグアインが冷静に沈めて追加点を決めた。

出鼻を完全に挫かれたトッテナムは、その後、ボールこそ保持したものの、相手守護神のジャンルイジ・ブッフォンを中心としたユーベの守備網を破れずにいた。しかし、我慢強く攻め続けると頼みのエースが堅牢をこじ開ける。

35分、デレ・アリのスルーパスに抜け出したケインがブッフォンをかわして無人のゴールへ冷静に流し込んだのだ。

トッテナムが貴重なアウェーゴールを奪った試合は、前半終了間際の45分に対戦結果をも左右するシーンが生まれる。

単独突破で敵陣を切り裂いたドウグラス・コスタがセルジュ・オーリエに倒されて2度目のPKをゲットするも、ここでイグアインがクロスバーに直撃する痛恨のミスショット。ユーベは試合を決定付けるチャンスを逸したのだ。

結局、2-1で折り返した後半も試合を掌握したのは老獪なユーベだった。ボールポゼッションこそ相手に譲ったものの、速攻からチャンスを創出する。56分にはカウンターからユーベのベルナルデスキがカットインから相手ゴールを脅かし、直後57分にはCKからマリオ・マンジュキッチが惜しいヘディングシュートを見舞った。

しかし、ウーゴ・ロリスの好守によって1点差を保ち続けたトッテナムは、徐々にユーベを押し込むとついにはネットを揺らす。71分にアリがゴール前でキエッリーニに倒されてFKを奪い、これを名手エリクセンがグラウンダーでブッフォンの守るゴールを射抜いたのだ。

これで勢いに乗ったトッテナムは人海戦術で攻勢を強める。83分にアリを諦め、ソン・フンミン、89分にはエリク・ラメラに代えてルーカス・モウラを投入。ホームチームを押し込んで、試合はこのまま2-2でタイムアップした。

イグアインのPK失敗が最後まで足枷となってしまったユーベと2つのアウェーゴールを奪ったトッテナム。ドローながら両者の明暗がハッキリと分かれた結果となった。

はたして、勝負の行方はどうなるのか? 注目の第2レグは現地3月7日にロンドンのウェンブリー・スタジアムで開催される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
衣装がはだけたハプニングに「ひどく責任を感じる」、仏ペアのデザイナー
いちごで当たり!目が離せない「もぐもぐタイム」
カーリング女子日本のおやつタイムが「かわいすぎ」 試合途中の映像に釘付けになる人続出
「小平奈緒は真の勝者」「まさにスポーツマンシップ」=敗戦に涙する韓国選手を抱きしめた優しさに中国ネットも感動
長友佑都の同僚が試合中に倒れて一時騒然。しかし、まさかのプレー続行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加