小さな命を守りたい! 兵庫県赤穂市の「保護猫カフェ」が開業資金をクラウドファンディング中

小さな命を守りたい! 兵庫県赤穂市の「保護猫カフェ」が開業資金をクラウドファンディング中

  • ねとらぼ
  • 更新日:2016/11/29

兵庫県赤穂市に保護猫カフェ「海ねこビーチハウス」を開業するための資金調達が、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」でスタートしています。

No image

保護猫カフェ「海ねこビーチハウス」

活動を進めているのは赤穂市のボランティア団体「海ねこチャリティ赤穂」。猫の殺処分ゼロを目指し、“保護猫”と“猫を飼いたい人”が気軽に出会える場としてのカフェの開業を計画しています。

カフェでは保護・お見合い・譲渡という流れの整備や、保護猫という存在を知ってもらうための啓発活動を行います。また、猫好きの人が猫に会いに行く場所としても利用できます。

No image

里親希望の人も猫好きさんも集まれる場所を目指すそう

No image

運命の子に出会えるかも

No image

保護猫譲渡会の様子

場所はデートスポットとしても人気の赤穂市御崎(みさき)地区。設計士・八木健吾氏の協力のもと、築70年の古民家を木のぬくもりを持たせた“海の家風”に改修予定です。

No image

眺めの良さそうな場所

No image

現在の店舗の様子

No image

海の家風に改修します

No image

猫カフェロゴ

支援は3000円〜15万円まで13段階。金額に応じて猫カフェの利用券や活動に賛同した作家さんの猫グッズ、保護猫の命名権などのリターンが用意されています。

このプロジェクトの期間は12月29日まで。All-In方式なので集まった資金は目標金額にかかわらずファンディングされ、主にカフェの改装などに使われる予定です。

No image

「会いに来てニャ」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
国立公園指定も意味なし やんばる国立公園が切り裂かれていく...
成宮寛貴、薬物疑惑よりも200万円のバーキンでキメたファッションにクギ付け
また鳥インフル 水戸市でも オオハクチョウから
週刊文春のユニクロ潜入取材レポが「ガチ」と話題に ユニクロから訴えられたジャーナリストが改名してバイトしてみた
大学ブランドランキング九州編、1位の九州大学に続いたのは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加