オリックスの金田が800万増の2200万円でサイン「来年は最低50試合を投げたい」

オリックスの金田が800万増の2200万円でサイン「来年は最低50試合を投げたい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/06
No image

契約更改交渉を終えて会見するオリックス・金田

オリックスの金田和之投手(27)が5日、大阪市内の球団施設で契約更改交渉を行い、800万アップの2200万円でサインした。(金額は推定)

昨オフにFA権を行使して阪神へ移籍した糸井の人的補償でオリックス入り。移籍1年目は34試合に登板し、8月22日・日本ハム戦で移籍後初勝利を挙げるなど4勝1敗、防御率4・15だった。

「戸惑うこともあったけど充実した1年だったし、いい日々を過ごせた。よくない時もあったけど、使ってくれて少ないけど34試合を投げられた」と振り返った。

交渉中に球団からセットアッパーを奪うように奮起を促されたという。「そういうポジションを目指したい。基本的なことを積み重ねて信頼してもらえるようにしたい。来年は最低50試合を投げたいですね」。今秋キャンプでは緩急をつけるためにカーブを練習。投球の幅を広げて、移籍2年目の飛躍を狙う。

また、大城滉二内野手は倍増となる1400万増の2800万円、宮崎祐樹外野手は520万増の1800万円で契約を更改した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロッテ 「殿堂入り」の荻野 吉田にばらされた「意外とイクメンですよ」
尾仲に続いて高木勇も...サプライズ続くFA補償
西武が巨人高木勇人獲得「野上の穴を埋めてくれる」
妻・詩織さんが明かす「石井琢朗が広島からヤクルトに移籍した理由」
千葉県選抜が台湾遠征に向け練習試合
  • このエントリーをはてなブックマークに追加