「御朱印帳」がネットで高額転売 「もう来ないでください」と宮司が激怒

「御朱印帳」がネットで高額転売 「もう来ないでください」と宮司が激怒

  • しらべぇ
  • 更新日:2017/06/19
No image

(Hiro_photo_H/iStock/Thinkstock)

かつて、参拝者が写経し、それを納めた証などとして頂いていた「御朱印」。現在では神社仏閣でお参りした証としても頂くことができる。

女性たちの間で「パワースポットブーム」となっている昨今、御朱印を集める「御朱印ガール」なる女子たちも存在するが、その御朱印をいただく「御朱印帳」をめぐって、ある神社のツイートが注目を集めている。

■「御朱印帳」がヤフオクで高額転売

茨城県守谷市に鎮座し、八岐大蛇を退治した「素戔嗚尊」を御祭神とする「守谷総鎮守八坂神社」のツイッター公式アカウントは18日、自社の「御朱印帳」がヤフオクにて、定価の約3倍の値段で転売されている旨をツイートした。

ツイッターを運営しているのは、八坂神社の宮司。尊い頒布品が高額で転売されている現状を嘆き「もう来ないでください」と怒りをあらわにした。

八坂神社では、御朱印帳に限らず「神社に本人、若しくは家族などが参拝して頒布品を頂くのが基本」という信念を貫いており、頒布品などの郵送依頼やネット販売は断っているのだそう。

■「罰当たりだ」と怒りの声相次ぐ

八坂神社の一連のツイートを見たユーザーからは「罰当たりだ」や「オークションサイトなどの運営側もこういった品物の出品を規制すべき」といった怒りの声が相次いでいる。

頒布品を転売いする転売ヤーを批難する声もさることながら、購入者を批判する声も見られる。

■神社やお寺によく行く年代は…?

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,332名を対象に「神社やお寺によく行く」という人の割合を調査した結果、50代~60代の女性は約3割が「神社やお寺によく行く」と回答した。

No image

©sirabee.com

仕事が忙しくなったり、子育てに従事する人も多いからか、30代女性が、1番低い割合となった。

ありとあらゆるものが「ネット通販」で購入できるようになった昨今。しかし、その「物」以上に、自ら赴き縁を重んじることに意味があるものの存在を、忘れてはならない。

・あわせて読みたい→嵐チケット転売で1000万円稼いだ女が逮捕 被害ツイートが生々しい

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小林麻央さんが後悔した乳がん診断 「医療ミス」と思ったらどうするか?
人間たまには休んだほうがいい4つの理由
1日のパフォーマンスが上がる、朝のメンタルトレーニング3
【炎上5秒前】実は「違約金なしで携帯電話を解約できる方法」があったことが判明 → 大手三社は客にほぼ説明しておらず行政指導へ
「なんか違う!」憧れのエッチなプレイをやってみて思うこと3つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加