最新ランキングをチェックしよう
2.7kgの腫瘍を抱え「安楽死させて」と捨てられた犬、手術が無事成功(米)

2.7kgの腫瘍を抱え「安楽死させて」と捨てられた犬、手術が無事成功(米)

  • Techinsight
  • 更新日:2017/10/13

腹部に大きな腫瘍を抱えたままの仔犬を見た動物救済・保護センターのスタッフは、「安楽死させて」と言う飼い主に言葉を失った。しかし複数の保護センターの協力で、仔犬は無事に腫瘍を摘出する手術が行われた。現在は回復の段階だが、ゆくゆくは新しい飼い主を探すことになるという。『WLWT Channel 5』『Fox2 Now』などが伝えた。
10月9日、米ケンタッキー州ギャラティン郡スパータにある動物保護セン

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コーギーのお尻が、どう見ても「栗まんじゅう」な件
「お前なにしてくれてんねん」帰るのが遅くなった時の猫たちの反応がヤバイ / 威圧感がものすごいのですが...
「雪だ~!」と言わんばかりに大はしゃぎするパンダが激カワすぎて鼻血ブー
【猫キックがさく裂】ぽっちゃり猫にサンマのぬいぐるみをあげたら...興奮して大暴れ! そんなに激しく動ける子だったのね
リスもやさしくしてくれた人間のことを忘れない。負傷したリスを保護し無事野生に返したが、毎年必ず顔を見せにやってくる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加