最新ランキングをチェックしよう
2.7kgの腫瘍を抱え「安楽死させて」と捨てられた犬、手術が無事成功(米)

2.7kgの腫瘍を抱え「安楽死させて」と捨てられた犬、手術が無事成功(米)

  • Techinsight
  • 更新日:2017/10/13

腹部に大きな腫瘍を抱えたままの仔犬を見た動物救済・保護センターのスタッフは、「安楽死させて」と言う飼い主に言葉を失った。しかし複数の保護センターの協力で、仔犬は無事に腫瘍を摘出する手術が行われた。現在は回復の段階だが、ゆくゆくは新しい飼い主を探すことになるという。『WLWT Channel 5』『Fox2 Now』などが伝えた。
10月9日、米ケンタッキー州ギャラティン郡スパータにある動物保護セン

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
片目を失ったポニーの親友は犬だった。飼い主の知らぬ間にポニーの背にのり友情を育んでいたコーギー犬(アメリカ)
彼は何処!?ボーイフレンドの名前に反応する乙女な柴犬ちゃん
「がんばれ!ネバーギブアップ!」階段を一生懸命上るマルチーズの子犬に声援を送ろう
圧倒的スピード感と躍動感 フィギュア4コマ「保護者ヨシヒコ」笑いを超えて感動が巻き起こる
【ピッタンコが落ちつくワン】眠くなった柴犬の子犬が選んだ、まさかの寝所にホッコリする(u_u*)♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加