サーブ 9-3 がEVで復活...量産第一号車がラインオフ、年産22万台目指す

サーブ 9-3 がEVで復活...量産第一号車がラインオフ、年産22万台目指す

  • レスポンス
  • 更新日:2017/12/07
No image

量産第一号車がラインオフしたNEVS 9-3エレクトリック

サーブブランドを傘下に持つナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン(NEVS)社は12月5日、中国天津工場から、NEVS『9-3エレクトリック』の量産第一号車がラインオフした、と発表した。

NEVS 9-3エレクトリックは、先代サーブ『9-3』の後継車で、パワートレインはEV。ガソリンおよびディーゼルエンジンを搭載していたサーブ9-3が、EVとして復活を果たした。

EVパワートレインの詳細は明らかにされていないが、1回の充電での航続はおよそ300km。スマートフォンアプリを使ったデジタルキーをはじめ、スマートフォンによる車両制御など、最新のコネクティビティが搭載される。

NEVS 9-3エレクトリックは初期の生産段階では、年産5万台を計画。将来的には、年産22万台レベルに引き上げていくことを目指している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
資生堂、米国事業が完全失敗...655億円の巨額損失
<コラム>フィリピン最大の歓楽街「アンへレス」中国系韓国人経営店舗が増える、不誠実な韓国への憎悪が広がる
「獺祭」蔵元が「高く買わないで」 異例の広告に込めた思いとは?
オランダの”押す”スーツケース、伊勢丹新宿店にポップアップストア あすまで
Amazon Primeと連動する『Twitch Prime』についてTwitchの偉い人に聞いてみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加