セクゾ佐藤、ジャニーズ名曲唱 SMAP、V6、嵐...思い入れ13曲

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13

Sexy Zone・佐藤勝利(20)のソロコンサート「VIC’s sTORY」が10日、東京ドームシティホールで初日を迎えた。「ジャニーさん」こと所属事務所のジャニー喜多川社長(85)をほうふつさせる独特のセンスで、今公演のタイトルを命名した佐藤は「いずれ“ショリーさん”になるかな!?」と得意顔。自身の人生の“ストーリー”に欠かせないという、ジャニーズ13組の楽曲を披露した。

ジャニー社長へのリスペクトが、セルフプロデュースにつながった。「マイケル・ジャクソンがセクシーなように、男っぽい魅力で」が由来のSexy Zoneなど、歴代グループの名付け親でもある事務所トップのネーミングセンスを佐藤が“継承”した。

「ジャニーさんが名前を作ってるのはステキなこと。近くにいて、インパクトある名前をつけられたらと思ってました」。

タイトルに深い思いを込めたソロ公演で、20歳の若者が躍動した。名前の「勝利=VICTORY」から、海外でのニックネームになっている「VIC(ビック)」に、「STORY」を合わせた造語。自称「ショリーさん」は、「ジャニーさんが最初に『VICTORY』と言い出したので、(公演名が)『良くない』って言われたら、逆ギレしようかな!!」とおどけた。

「僕のストーリーに欠かせないのがジャニーズ」と胸を張り、解散したSMAPやKinKi Kids、V6、嵐ら13組の、縁がある楽曲をメドレーで熱唱。チョイスしたSMAP「Triangle」はサンタクロースから贈られた人生初のCDで、嵐「サクラ咲ケ」はデビュー前のレッスンで初歌唱したという。また、嵐・松本潤(33)から「今日からでしょ!?頑張って~」とキラキラ絵文字入りメールで、激励されたことを報告した。

トークコーナーにはグループの菊池風磨(22)、松島聡(19)も駆けつけた。作詞を手掛けたソロ新曲「Sunshinesmile」もギターの弾き語りで初披露。最後に感極まった佐藤は、仲間やファン2300人との夏の思い出を、大切なストーリーに書き加えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
上原多香子の“衝撃スキャンダル”で「想定外の収入」を得た人たちとは
ユーチューバー・ヒカル“売り逃げ”に専門家が詐欺罪の可能性を指摘
もやし一本残すな!有吉ゼミの無茶な「大食い企画」に批判の声
ド派手ビキニで魅せる至高のヒップ!人気Gカップグラドル・森咲智美の“お尻シリーズ”に悶絶
ピース綾部、報じられない深刻な現状
  • このエントリーをはてなブックマークに追加