macOS Catalina対応「Parallels Desktop 15」、DirectX 11をサポート

macOS Catalina対応「Parallels Desktop 15」、DirectX 11をサポート

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/08/14
No image

米Parallelsは8月13日 (現地時間)、MacでWindowsを動作させる仮想マシン(VM)環境ツールの新製品「Parallels Desktop 15 for Mac」を発表した。Metal APIをサポートし、DirectX 9/10/11に対応する (DirectX 11サポートはmacOS Mojave以降)。macOSとWindowsの環境を連動させる機能を強化。次期macOS「macOS Catalina」(2019年秋正式版リリース)の様々な機能を取り込む。

3Dグラフィックスの処理速度が最大15%向上、グラフィックス関連の強化によって、グラフィックス要件の高いCAD (computer-aided design)やCAM (computer-aided manufacturing)のアプリケーションやWindowsゲームを幅広くMacで利用できる。また、Microsoft Officeの起動が最大80%高速になり、Parallels Desktopのユーザーインターフェイスがレスポンスよく動作するなど、全体のパフォーマンスが向上している。

Bluetooth LEのサポートを通じてXbox Controllerを使用できるので、Macで動作するWindows 10 VMでXboxゲームをプレイできる。他にも、Logitech Craft、IRISPen、スマートホーム家電やスマートバンドなど、様々なBluetooth対応機器を利用可能だ。

MacとWindows間の連動機能では、macOSのスクリーンショット機能、Safariや写真から画像をWindowsアプリケーションにドラッグ&ドロップできるようになった。また、Finderの共有メニューに「Send with Windows Email App」を追加でき、直接FinderからWindowsで使用しているメールアプリケーションにファイルを送れる。

macOS Catalinaが秋にリリースされたら、iPadをセカンドディスプレイや液晶タブレットのように使える「Sidecar」をVM環境でも使用できるようになる予定だ。CorelDRAWやCorel Painter、Microsoft SketchPadのようなWindowsアプリケーションで、iPadとApple Pencilの組み合わせを活用できる。他にも、Apple IDでサインインできる「Sign in with Apple」をサインインオプションに追加。macOS Catalinaのセキュリティおよびプライバシー・ダイアログをサポート、iCloudとの連携が向上する。

Parallels Desktop 15 for Macはparallels.comで13日から販売が始まっており、新規ライセンスが79.99ドルから、アップグレードは49.99ドル。Pro EditionとBusiness Editionは99.99ドル/年となっている。Pro EditionとBusiness Editionは、128GB vRAM、32個のvCPUをサポート、Virtual Platform Trusted Module (vTPM)に対応する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【本日のセール情報】Amazonで期間限定セールが開催中! 1,000円台で3Wayかつ大容量な多機能ボディバッグや700円台のアルミ合金製スマホ充電スタンドがお買い得に
たばこニュース:グローが低加熱式モデル「センス」の発売を開始! ひと足先に吸ってみた率直な感想
重さ52gでiPhoneより小さい!ポケットに入れて持ち歩ける世界最小・最軽量のセルフィードローン「AIR PIX」
Amazonのあの駄作を振り返る。Fire Phoneは記憶よりもさらに駄作だった
Core i9-9900K搭載PCなどが特価になる「24時間限定セール」が開催

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加