新興市場銘柄ダイジェスト:アバールが一時ストップ高、エスケーエレクは年初来高値更新

新興市場銘柄ダイジェスト:アバールが一時ストップ高、エスケーエレクは年初来高値更新

  • FISCO
  • 更新日:2017/11/14
No image

株式会社フィスコ

<2150>ケアネット 954 +18
一時ストップ高。17年1-9月期(第3四半期累計)決算発表とともに、17年12月期の通期業績予想を上方修正している。第3四半期累計の営業利益は前年同期比6.7倍の3.20億円で着地した。また、通期営業利益見通しは従来の2.35億円から3.70億円(前期は1.94億円)へと引き上げた。医薬営業支援サービスにおける製薬会社からの受注が継続して好調だという。ただ、上値では利益確定売り圧力も強かった。

<3925>Dスタンダード 5310 +210
急反発。17年4-9月期(第2四半期累計)決算とともに、18年3月期業績予想の上方修正と増配を発表している。第2四半期累計の営業利益は前年同期比32.9%増の3.11億円で着地した。案件数拡大による売上増加で原価及び販管費の増加を吸収した。通期営業利益見通しについては従来の5.00億円~5.20億円から5.35億円(前期は4.06億円)へと引き上げた。期末配当予想も1株当たり38.00円から40.00円(前期は33.00円)に増額している。

<6918>アバール 2221 +304
一時ストップ高。データを検索する速度が従来の数千倍になる新型プロセッサーを開発すると一部専門紙で報じられている。この報道によれば、データ処理ベンチャーのエイ・オー・テクノロジーズと資本業務提携し、「メモリズムプロセッサ」と呼ぶ新型プロセッサーを共同で開発する。人工知能(AI)やビッグデータ解析で高まる高速データ処理のニーズに対応する狙いのようだ。17年度内にも試作品を開発し、18年度に販売を目指すという。

<2138>クルーズ 2247 -88
一時2074円まで下落し年初来安値更新。17年4-9月期(第2四半期累計)決算を発表している。売上高は前年同期比25.3%減の118.33億円、営業利益は同70.8%減の4.31億円で着地した。メイン事業となった「SHOPLIST」は成長が続くものの、ゲーム事業売却による構造転換や新規事業への積極投資の影響が響いた。18年3月期業績予想の開示は引き続き見合わせている。本日は決算を受けて売りが先行したが、その後は買い戻しも入った。

<3928>マイネット 1780 +162
大幅反発。17年1-9月期(第3四半期累計)決算を発表している。売上高は前年同期比2.1倍の88.83億円、営業利益は同63.1%増の3.28億円で着地した。今年8月には4-6月期の四半期ベースで赤字となったことを受けて株価が急落する場面もあったが、7-9月期が黒字回復したことで本日は買い優勢となった。なお、新たに開示した17年12月期業績予想は営業利益で4.60億円(前期比8.2%減)から5.10億円(同1.8%増)を見込んでいる。

<6677>エスケーエレク 1469 +260
大幅反発。一時1505円まで上昇し年初来高値を更新した。17年9月期決算を発表している。営業利益は前期比9.0%増の17.79億円となり、8月に上方修正した予想(17.00億円)をさらに上回って着地した。18年9月期についても同1.2%増の18.00億円と、営業増益が続く見通しを示している。また、自己株式の取得を同時に発表しており、発行済株式総数(自己株式除く)の1.3%に相当する14万株を本日の立会外取引で取得した。

<DM>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三菱商事、東芝、メガバンク...大手企業を辞めた20代若手社員はどこに消えたのか? 先端テクノロジーに惹かれる若者たち
アマゾンの競合商品販売禁止 露骨な自社優先、日本人の国民性と相いれず ネット通販シェア拡大の足かせに
日本の宅配業者を救う旧くて新しい宅配ボックス
「作っても売れない」 悩む中国のEVメーカー
ウォール・ストリート・ジャーナル
日本一売れてるクルマN-BOX 新型の死角は純マイルドヤンキー仕様のデザイン!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加