新仮想通貨「Jコイン」検討 国内の銀行連合で

新仮想通貨「Jコイン」検討 国内の銀行連合で

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/09/17
No image

動画を見る(元記事へ)

国内のメガバンクや地方銀行などが組んで、共通の仮想通貨である「Jコイン」の発行を検討していることが分かりました。

みずほフィナンシャルグループは今月、ゆうちょ銀行や地方銀行約70行を集め、新たな仮想通貨についての勉強会を開きました。仮称「Jコイン」と呼ばれるこの仮想通貨は、ビットコインなどのように価格が変動せず、あらかじめ、銀行口座にある円をJコインに替えることで、スマートフォンを使ってお店で支払いをしたり、個人の間で代金の受け渡しをすることが可能になります。現金を使わない決済データをアップルペイなどの海外勢に握られる懸念が強まるなか、国内の銀行連合による対抗策として、東京オリンピックが開催される2020年までの実現を目指します。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トヨタが最も遅れている? 世界は電気自動車へシフトなのに...
満タンで約530キロ走れる ― スズキ「GSX‐S125 ABS」発売
「もはや中古家具店」大塚家具、経営危機の内幕...久美子改革が完全失敗、経営陣一掃は必須
住宅ローン「金利の低さ」で選んだら、人生失敗する可能性
購入したのは...大谷等身大人形 即日完売 1体限定111万円超
  • このエントリーをはてなブックマークに追加