DeNA、巨人に完敗で再び4位後退 浜口また乱調、打線は畠に3戦全敗

DeNA、巨人に完敗で再び4位後退 浜口また乱調、打線は畠に3戦全敗

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/09/17
No image

DeNA・浜口遥大

○ 巨人 6 - 1 DeNA ●
<25回戦 東京ドーム>

巨人が先発・畠の快投もあり、単独3位に返り咲き。DeNAは投打ともに振るわず、9勝15敗1分けの成績で巨人との全対戦を終えた。

DeNAは先発・浜口が誤算。初回に3連続四球で一死満塁のピンチを招くと、5番村田に2点適時二塁打を浴びた。2回は二死から失策で走者を背負い、2番マギーに適時二塁打を浴び3失点目。その後も2四球を与えるなど、4回を4安打6四死球で3失点。5回表に代打を出され降板となった。

浜口は10安打4四球5失点だった10日の阪神戦に続き、この日も序盤に乱れた。2ケタ10勝目とはならず、逆に今季6敗目(9勝)。0-3の5回は2番手の加賀が3点を失い、一気にワンサイドゲームに持ち込まれた。

打線は畠の前に、5回まで無安打。6回は9番倉本、1番桑原の連打で無死一、二塁としたが、頼みの上位陣が立て続けに凡退した。結局、畠からは最後まで得点を奪えず、ルーキー右腕に3戦全敗。今季の通算成績は65勝63敗4分けとなり、再び4位へ後退した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
名コーチが論証。清宮、中村が打てなかった原因は木製バットじゃない
巨人戦で左翼スタンドから物が投げ込まれる 福留の頭上を通過
「落ち着いて」...本塁打後に全力疾走の強打者、投手に制されスローダウン!?
広島連覇のカギはスカウトにあり「絶対誠也がいい」
相手に重圧を与える代走の切り札の存在 意思統一された広島の走塁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加