旧暦のお正月「春節祭」を神戸・南京町で楽しもう!

旧暦のお正月「春節祭」を神戸・南京町で楽しもう!

  • トラベルjp<たびねす>
  • 更新日:2018/01/12
No image

旧暦のお正月「春節祭」を神戸・南京町で楽しもう!

日本三大中華街のひとつ、神戸・南京町では、毎年旧暦のお正月に合わせて「春節祭」が開催されます。爆竹が鳴り響き、龍や獅子舞い、様々なイベントでお祝いムードを盛り上げます。
神戸の中華街でお祭りを楽しみながら、一年の運気もアップしちゃいましょう!

まずは南京町広場でお祭りムードを満喫!

No image

写真:古井 きまち

南京町は、JR神戸線・阪神「元町駅」から徒歩約5分、阪急「神戸三宮駅」からは徒歩約10分。また、地下鉄海岸線「旧居留地・大丸前駅」から徒歩約2分というアクセスのよい場所にあります。阪急「神戸三宮駅」からは徒歩10分ですが、三宮センター街や、高架下など、お店の並ぶ通りをぶらぶら楽しみながら歩いて着くことができます。

旧暦の元日に合わせて開催される「春節祭」。春節は、太陰暦(旧暦)に基づく祝日なので、現在の太陽暦では1月中頃から2月中頃となり、毎年日付が違います。イベント日程はホームページなどで確認しておでかけください。

南京町の中心にある広場では、「変臉」(へんれん)という、一瞬にして顔の面が変わる伝統芸能や、獅子舞、舞踊、音楽の演奏などが繰り広げられ、多くの人で賑わいます。気になるイベントをホームページや当日のパンフレットでチェックして、レッツゴー!

No image

写真:古井 きまち

日本で正月に門松や正月飾りを飾るように、中国でお祝い事の時に窓やドアに貼る切り絵を剪紙(せんし)といいます。縁起の良い色とされる赤い紙で、中国で福や富を呼ぶと言われる縁起のよいさまざまな絵柄で作られています。異国情緒あふれる繊細で美しい剪紙を窓に貼って、今年の運気アップを願ってみてはいかがでしょう。

この剪紙のほか、占いや豪華景品の当たるくじの露店、京劇の衣装とメイクで三国志の英雄や楊貴妃などに扮した人たちのパレードや、獅子がご祝儀をもらいに街を練り歩いたり、街全体がお祭りムードに包まれます。

グルメも充実!中華街を食べ尽くせ!

No image

写真:古井 きまち

南京町には、安くて美味しいグルメもいっぱい!豚まんの老舗「老祥記」や焼き小龍包の「ユンユン」などのテッパンメニューのほか、高級料理の北京ダックのテイクアウトや、パンダの形をしたゴマあんまんなど、あつあつの食べ歩きグルメは、どれにしようか迷ってしまいます。

No image

写真:古井 きまち

中華街ならではの餃子や豚まん、小籠包などのほか、神戸ならではの、神戸牛やスイーツのお店も充実。高価な神戸牛も気軽に楽しめる価格で提供されています。南京町は横浜中華街と違って規模が小さく、コンパクトにまとまっているので、路地裏までチェックして、お気に入りの味を探してみてください。

ポップでインスタ映え間違いなしな雑貨も要チェック!

No image

写真:古井 きまち

こちらは空龍(こんろん)という雑貨屋さん。中国雑貨ならではのチャイナドレスや風水グッズが売られています。門の両脇や壁に「福」などの文字を貼ってあるのを見たことがありますか?文字を飾る、この飾りも春節の伝統的な飾り物で、いくつかのお店で売られています。年の初めに縁起が良い言葉を壁や門に貼り、幸運の到来を祈りましょう。

春節祭(南京町)の基本情報

住所:神戸市中央区栄町通1-3-18
電話番号:078-332-2896
アクセス:新幹線「新神戸駅」より、地下鉄山手線「県庁前駅」下車、徒歩約7分。タクシーで約10分。
JR神戸線・阪神「元町駅」下車、徒歩約5分。
阪急「神戸三宮駅」下車、徒歩約10分。
地下鉄海岸線「旧居留地・大丸前駅」下車、徒歩約2分。

2018年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

関連MEMO

熱烈歓迎!南京町

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
KEIKOも取り組む漢字ドリル 脳卒中のリハビリとは
本当に違うかも!「冬の洗濯物が早く乾く」超カンタン裏技2つ
小室哲哉会見の100分全記録「5年前から男性的能力なく、男女関係ない」「会話がもたないKEIKO」
女性社員が「仕事ができない男だ!」と感じる居酒屋の注文3選
「300万円を2年で10億にした」投資テク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加