メッシらを彷彿させる交代劇

メッシらを彷彿させる交代劇

  • スポルト
  • 更新日:2017/09/17
No image

パウリーニョとデニス投入により勝利した

パウリーニョとデニス・スアレスの投入が大きな起点となり、バルサはヘタフェ戦で逆転勝利を収めた。新監督バルベルデの采配が功を奏したと言える。

パウリーニョとスアレスが苦境のバルサを救ったこの一戦であるが、実は2015年のリーガ、ヘタフェ戦でも同様の作戦でバルサは逆転勝利している。その時に投入された選手はメッシとダビド・ビジャだった。

ヘタフェの本拠地コリセウムスタジアムで行われたこの一戦で、メッシ(ドブレーテ)とビジャがそれぞれゴールを決めバルサを救った。

ちなみに、パウリーニョが最後に欧州でゴールを決めたのは、トッテナム所属時代の2015年FAカップのバーンリー戦である。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
インテル、ボローニャにドローで連勝ストップ...先発復帰の長友はフル出場
浅野所属のシュツットガルト、練習場で不発弾発見 クラブハウスなどが立ち入り禁止に
オリンピックを目指す選手の運動神経はマジでヤバい! ってことが45秒でわかる動画がこちらです
浅野、4試合ぶり先発もノーゴール...シュトゥットガルトはアウェイ3連敗
パリSGのご意見番が明かした「カバーニvsネイマール」の複雑な舞台裏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加