最新ランキングをチェックしよう
ライザップ、利益の「実態」...赤字企業買い漁りで膨らむリスク

ライザップ、利益の「実態」...赤字企業買い漁りで膨らむリスク

  • Business Journal
  • 更新日:2018/04/26

RIZAPグループは、なぜ、経営不振企業ばかり買収するのか。キーワードは“のれん代”だろう。のれん代とは、企業が買収するために支払った金額と、買収先の純資産の差額をいう。
 同社が採用している国際会計基準では、安く買収した場合、「負ののれん代」として、一括して利益に計上できる。つまり、RIZAPグループは、負ののれん代によって利益をかさ上げしてきたわけだ。
 2017年3月期の営業利益は102億円

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大塚家具の“身売り”浮上も交渉難航、最適解の模索は難しく
なぜセブンーイレブンはコンビニ業界の王者なのか
ットコイン反発、節目6000ドル保つ【フィスコ・ビットコインニュース】
79歳でも衰えないベンチャースピリット!「時之栖」会長の次の一手とは?
後発参入のDeNAが「タクシー配車アプリ」に見出した勝算
  • このエントリーをはてなブックマークに追加