最新ランキングをチェックしよう
ライザップ、利益の「実態」...赤字企業買い漁りで膨らむリスク

ライザップ、利益の「実態」...赤字企業買い漁りで膨らむリスク

  • Business Journal
  • 更新日:2018/04/26

RIZAPグループは、なぜ、経営不振企業ばかり買収するのか。キーワードは“のれん代”だろう。のれん代とは、企業が買収するために支払った金額と、買収先の純資産の差額をいう。
 同社が採用している国際会計基準では、安く買収した場合、「負ののれん代」として、一括して利益に計上できる。つまり、RIZAPグループは、負ののれん代によって利益をかさ上げしてきたわけだ。
 2017年3月期の営業利益は102億円

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
武田真治に「マッチョ体型」より「顔の変化」がコワ過ぎるとの声
悪夢ふたたび...直径2キロの小惑星が2月1日に衝突する!?
インフルエンザ予防する夫を見て、妻が不倫に気づいたワケ
1万円のスニーカーと、7万円のスニーカーは何が違うのか?
「大家族石田さんチ」完全最新版は“もうすぐ”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加