ライザップ、利益の「実態」...赤字企業買い漁りで膨らむリスク

ライザップ、利益の「実態」...赤字企業買い漁りで膨らむリスク

  • Business Journal
  • 更新日:2018/04/26
No image

RIZAPグループは、なぜ、経営不振企業ばかり買収するのか。キーワードは“のれん代”だろう。のれん代とは、企業が買収するために支払った金額と、買収先の純資産の差額をいう。

同社が採用している国際会計基準では、安く買収した場合、「負ののれん代」として、一括して利益に計上できる。つまり、RIZAPグループは、負ののれん代によって利益をかさ上げしてきたわけだ。

2017年3月期の営業利益は102億円。このうちM&A(合併・買収)に伴う負ののれん代による利益は58億円で、実に営業利益の57%を占める。18年3月期でも、営業利益130億円のうち50億円超と推定されているため、4割近くになりそうだ。負ののれん代は利益を生み出す“会計マジック”なのだ。

経営不振企業なら安く買え、負ののれん代が生まれる。だからこそ、RIZAPグループは業績の悪い、万年赤字の会社ばかり買い漁った。それによって、一時的に会計上は利益が出る。問題は、経営不振企業をピカピカの優良企業に生まれ変わらせることができるかどうかだ。買収した経営不振企業が水面下に沈みっぱなしでは、グループ全体の業績の足を引っ張ることになる。

ジーンズショップ、ジーンズメイトの17年3~11月期の売上高は63億円。営業損益は4.7億円の赤字(前年同期は4.4億円の赤字)。18年3月通期は13カ月の変則決算となるが、5.5億円の営業赤字の見込みで、利益改善が早急な課題だ。

ゲームソフトショップ、ワンダーコーポレーションの18年2月期の売上高は前期比1%減の731億円、営業損益は3億円の黒字(前年同期は4.7億円の赤字)、純損益は3.9億円の赤字(同11億円の赤字)だった。「いきなり!ステーキ」のフランチャイズ契約による業態転換が黒字に結び付くかどうかは大きなポイントになる。

RIZAPグループは21年3月期に「連結売上高3000億円、営業利益350億円」の目標を掲げる。スポーツジムが堅調であることが前提だが、目標達成はひとえに買収した企業の業績回復にかかっている。

●M&Aで急成長した秀和は跡形もなく消えた

M&Aは、企業の持続的な成長を保証するものではない。野放図なM&Aが仇となり消滅した企業は少なくない。

その代表例は不動産会社の秀和だ。オーナーの小林茂社長は「米国買い」の先鞭をつけた。1986年8月、ロサンゼルス最大のオフィスビル「アーコプラザ」(52階建てのビル2棟)を買収した。日本円に換算して約960億円のビッグな買い物だったが、小林氏は現金で支払った。「本当に欲しい物件ならば、一切値切らない」と豪語した。さらに1カ月後の9月、今度はニューヨーク・マンハッタンの中心街にあるABC本社ビル(40階建て)を約270億円で手に入れた。

気前のよい買い方で、米国ビジネス界の有名人になった小林氏につけられた呼び名は「ショーグン」。当時、全米でヒットしていたテレビ映画『SHOGUN』に由来する。米国を買うためにショーグンが上陸してきたと言われた。

小林氏はこの頃、国内では新興仕手筋として兜町に登場。流通再編を旗印に流通株を買い占め、「中堅スーパー大合同による1兆円企業設立プラン」を提唱した。

秀和が買い占めた流通企業は、忠実屋(発行済み株式の33.9%)、伊勢丹(同25.3%)、いなげや(同25.2%)、マルエツ(同24.9%)、長崎屋(同17.6%)、松坂屋(同15.7%)、イズミヤ(同6.6%)、東京スタイル(同11.0%)などに及んだ。株数は、いずれもピーク時のもの。

秀和に買い占められた企業のなかで、もっとも貧乏くじを引いたのは伊勢丹創業家の4代目、小菅国安社長だろう。秀和が筆頭株主になっても小林氏に会おうとせず、ひどく怒らせた。その結果1993年5月、小菅氏は社長辞任に追い込まれた。実質的には解任で、創業以来107年に及ぶ小菅家による伊勢丹支配は終止符を打った。

90年、不動産融資の総量規制が実施されたことで不動産バブルが崩壊した。当時、借入金が1兆円あった秀和の資金繰りが急激に悪化。

ダイエーの東京本社が入居していた浜松町オフィスセンタービルは秀和が所有していた。中内功社長は忠実屋、マルエツなど秀和が買い占めた流通株を担保に秀和へ1100億円を融資した。返済期日になっても金が返済されなかったため、中内氏は担保権を行使して忠実屋とマルエツの株式を手に入れた。ダイエーは労せずして、忠実屋とマルエツを傘下に収めたのである。

結局、秀和は経営に行き詰まり05年、米投資銀行のモルガン・スタンレーに買収され、消滅した。

RIZAPホールディングスの野放図なM&A戦略は、イケイケドンドンの強気の姿勢でバブル時代を駆け抜けていった秀和と二重写しとなる。
(文=編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
苦境のワコールの最大の汚点、ピーチ・ジョン買収の代償...名門ブランド毀損
ウォルマートのレジなし精算システム、導入を中止
AE86、GT-R、往年の名車や憧れのスポーツカーに特化したレンタカーサービスがあった!
原材料高騰でも「ソーセージ」が安売り戦争をやめられない理由
ソニー、一瞬の絶頂か...最高益の死角 直近四半期「722億円減益」の意味
  • このエントリーをはてなブックマークに追加