GENERATIONS&TWICEが受賞<モデルプレス読者が選ぶ「ベストアーティストアワード2017」結果発表>

GENERATIONS&TWICEが受賞<モデルプレス読者が選ぶ「ベストアーティストアワード2017」結果発表>

  • モデルプレス
  • 更新日:2017/12/07

【ベストアーティストアワード2017/モデルプレス=12月6日】モデルプレスは2017年の音楽シーンを振り返る企画として、毎年恒例の「モデルプレス読者が選ぶ ベストアーティストアワード2017」を開催。読者投票(総投票数・約5万6000票)の結果、2017年のベストアーティスト賞はGENERATIONS from EXILE TRIBE、新人賞(ネクストアーティスト賞)はTWICEが受賞した。

No image

(写真 : ベストアーティスト賞をGENERATIONS from EXILE TRIBE、新人賞(ネクストアーティスト賞)をTWICEが受賞(アー写・提供画像))

【ほかの写真・動画を見る】GENERATIONS&TWICEの今年の活躍が凄すぎ!!

◆ベストアーティスト賞:GENERATIONS from EXILE TRIBE

パフォーマー白濱亜嵐、小森隼、佐野玲於、関口メンディー、中務裕太、ヴォーカル片寄涼太、数原龍友の7人により結成されたダンス&ヴォーカルグループ。2012年11月に「BRAVE IT OUT」でデビュー。

デビュー5周年を迎えた2017年は、シングル「太陽も月も」「BIG CITY RODEO」、4枚目のアルバム「涙を流せないピエロは太陽も月もない空を見上げた」をリリースしたほか、自身2度目のワールドツアー「GENERATIONS from EXILE TRIBEWORLD TOUR 2017 ~SPEEDSTER~」を実施。

ほか片寄が中国・上海で初のファンミーティングを開催、GENERATIONSとして大型音楽フェスティバル「SUMMER SONIC SHANGHAI 2017」出演、と活動の幅がよりグローバルに。

さらにAbemaTVで放送が始まった「GENERATIONS高校TV」が、10月よりテレビ朝日にて地上波レギュラー放送を開始。AbemaTVのオリジナル番組が、地上波のレギュラー番組として放送されるのは今回が初めてとなり、彼らの人気ぶりを証明した。

2017年は個人での活動も目立ち、白濱は映画「ひるなかの流星」(2017年3月公開)出演と写真集「TIMBRE」を発売、片寄は映画「兄に愛されすぎて困ってます」(2017年6月)への出演など、活躍の幅を広げた。また2018年に佐野が出演する映画「虹色デイズ」(2018年夏)の公開も予定されている。

現在はライブツアー「GENERATIONS LIVE TOUR 2017 “MAD CYCLONE”」を開催中で、2018年1月1日に初のベストアルバム「BEST GENERATION」をリリースすることも決定しているなど、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍を見せている。

◆GENERATIONSへ読者から応援メッセージ(一部)

・5周年おめでとうございます。これからも活躍を楽しみにしています。これからも大好きです。(ゆめか/10代女性)

・"受験勉強の励みになりました!超カッコイイパフォーマンスはもちろん、メンバー同士の仲睦まじい笑顔溢れる雰囲気が大好きです。(Ree/10代女性)

・アーティスト活動だけでなく、個々のメンバーで俳優業をこなしたりして、個人個人でも活躍していて本当に凄いと思います!これからもずっと付いていきます!!大好き!!!(メロン肩/20代女性)

・私はGENERATIONSが世界で一番好きです!!7人が笑ってると自分も自然に笑顔になれます。常にどんな時もGENERATIONSの曲を聴いてます。大好きな曲ばかりで気づいたら踊ってます(笑)。そしていつも本当に元気もらってます。11月でデビュー5周年!!おめでとうございます!GENERATIONSは本当に仲が良くてメンバーのキャラが濃くて、、見てるだけで楽しくなります!!!これからもずっと笑顔を忘れないでいてくれたら嬉しいです!!!(なにわのベビーフェイス/10代女性)

・デビュー前から応援させていただいてますが、昔と変わらず謙虚で笑顔を忘れない7人に元気をもらってます、これからも頑張って下さい。(くぼしえ/10代女性)

・娘とGENERATIONSの大ファンです。涼太くん、大好き~(はるたくママ/40代女性)

◆新人賞(ネクストアーティスト賞):TWICE

【いい音楽で一度、素晴らしいパフォーマンスで二度魅了させる】と言う意味を持つ、Asia No.1最強ガールズグループ“TWICE”。

ナヨン、ジョンヨン、モモ、サナ、ジヒョ、ミナ、ダヒョン、チェヨン、ツウィの9人で構成されるTWICEは、韓国のサバイバル形式のオーディション番組「SIXTEEN」において厳しい審査をくぐり抜け結成。

2015年に韓国でデビューを果たし、デビューから1年2か月足らずで、最も権威のある賞のひとつ「第31回ゴールデンディスクアワード」大賞に輝くなどのたくさんの功績を持つ。

デビュー前から10代の女性を中心に話題となり、2017年6月28日、満を持してベストアルバム「#TWICE」をリリースし日本デビュー。本作は日本レコード協会のプラチナディスクに認定され販売枚数が12月時点で29万枚を突破、YouTube再生回数が6週連続1位(7月月間1位)、日本を含む9地域のiTunes 総合アルバム・ウィークリーランキング1位、その他配信サイトでも1位を獲得するなど、いまだロングヒットが続き、 “TTポーズ”が流行し、社会現象にもなった。

10月18日に、日本1stシングル「One More Time」をリリースし、本シングルもプラチナ認定。日本でリリースした最初のアルバムとシングルのどちらもがプラチナ認定された。

デビュー以後も目覚ましい活躍。雑誌やテレビ番組へも多数出演し、勢いそのままに、12月31日の第68回NHK紅白歌合戦への出場も決定した。

また12月20日(水)には今年7月に東京体育館で行った日本初の単独公演「TWICEDEBUT SHOWCASE “Touchdown in JAPAN”」の映像作品が、DVDとBlu-rayでリリースされることが決定。

加えて、アジア最大級の音楽授賞式「Mnet Asian Music Awards 2017(MAMA)」で、2年連続で大賞の「SONG OF THE YEAR」を受賞するなど、名実ともに人気アーティストへと成長したTWICE。2018年の活躍も大いに期待される。

◆TWICEへ読者から応援メッセージ(一部)

・日本デビューおめでとう。私はデビュー前のオーディションの時から見ていて、その時に皆がそれぞれ自分達でダンスを考えたり、特技を披露したりと、本当すごいなって思います!そこから韓国で凄く有名になって、日本まで来てくれて本当に嬉しいです。TTも凄く人気になったし、One more Timeも大好きなので、これからも頑張ってください。(かなるん/10代女性)

・可愛いダンスでよく真似しています。外国人の英語の先生ともTTダンスで話が弾み、世界との繋がりを持つこともできました。これからも日本での活躍を楽しみにしています。(ニラちゃん/20代女性)

・いつも癒されています。みなさんの他国語を一生懸命勉強して話している姿はとても勇気をもらいます!これからも応援しています。(LIN/10代女性)

・出す曲出す曲全部が耳に残る、ポーズなども生みだし三カ国の人が集まったグループ。国と国を結ぶ素敵なグループです。こういうグループが増えればいいなと思います。(CHIP/30代女性)

・韓国のアーティストさんではじめて大好きになりました!みんなダンスも歌も上手で憧れます!日本での活動たのしみにしています!(RAINBOW/10代女性)

TWICEの踊り、メイク、歌全部含めてかっこいいし可愛いお手本です!(みくめろ/10代女性)

◆モデルプレス読者が選ぶ「ベストアーティストアワード2017」

「ベストアーティストアワード」は2015年よりスタートした、モデルプレスの読者投票をもとに今年最も活躍したアーティストを決めるアワード。

【ベストアーティスト賞】【新人賞(ネクストアーティスト賞)】の2部門を設け、毎年各部門から一組ずつ選出している。

・対象アーティスト

期間:2016年11月1日~2017年10月31日

【ベストアーティスト賞】上記期間内にリリースがあったアーティスト(デジタル配信も含む)

【新人賞(ネクストアーティスト賞)】上記期間内にメジャーデビュー(シングルリリース)したアーティスト

◆歴代受賞アーティスト

<2017年の受賞アーティスト>

ベストアーティスト賞:GENERATIONS from EXILE TRIBE

新人賞(ネクストアーティスト賞):TWICE

<2016年の受賞アーティスト>

ベストアーティスト賞:AAA

新人賞(ネクストアーティスト賞):JY(知英)

<2015年の受賞アーティスト>

ベストアーティスト賞:西内まりや

新人賞(ネクストアーティスト賞):lol

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
GLAY、ブライダルでの楽曲使用に限り著作隣接権について無償提供
松下奈緒もイラッ!?倖田來未「愛のうた」熱唱に「アレンジしすぎ」の苦情
近藤晃央ストリングス隊加えた9人編成で魅せた東名阪ツアー、キネマ倶楽部で終幕
GLAY、結婚式での楽曲使用について画期的なプランを発表
hideさん没後20年 来年4・28&29お台場で野外公演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加