最新ランキングをチェックしよう
MITの研究者が消化管を監視する消化型センサーを開発

MITの研究者が消化管を監視する消化型センサーを開発

  • TechCrunch
  • 更新日:2017/10/13

MITの研究者らは長年消化型技術を研究してきた。ここ数年で様々な服用可能デバイスが開発され、その中にはブタの組織からなるバッテリー不要のロボットもある。特に同大学のKoch Instituteはこの分野に焦点を当てており、薬物摂取等を監視する消化可能センサーの利用を研究している。研究チームが開発した新しいタイプのセンサーは丸めてカプセルに入れ飲み込むことができる。カプセルが溶けるとセンサーは胃の内

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ゼブラ柄のトマト その名は「アマゾン」、近大農学部など共同開発 うまみ強く
【科学でロック】犬たちはソフト・ロックとレゲエがお好き?  スコットランドでの研究結果を掲載
米企業の「宇宙ホテル」が2021年に運営開始-旅行や宇宙実験に活用
人類の祖先はなぜ海から陸に進出したのか?という謎について通説を覆す新たな研究結果が発表される
インフルエンザ「万能ワクチン」の開発に成功か? 国内の感染者は約282万人に!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加