【メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン】最大1820lのラゲッジルーム...安全性能も強化

【メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン】最大1820lのラゲッジルーム...安全性能も強化

  • レスポンス
  • 更新日:2016/11/29
No image

メルセデスベンツ日本は、新型『Eクラス ステーションワゴン』を発表、11月29日より販売を開始した。

新型Eクラス ステーションワゴンは、メルセデスベンツの最新デザインを取り入れ、クーペのような美しい曲線美をリアエンドに取り入れたスタイリッシュなエクステリアとSクラス譲りの上質なインテリアを備える。ラゲッジルームは最大1820リットルを確保。広いだけではなく壁面とフロアをフラットにすることで実用性も高めている。また、手を使わずにテールゲートを開閉できるフットトランクオープナーも全モデル標準装備する。

安全面では、緊急時のステアリング操作をアシストする「緊急回避補助システム」、側面衝突の安全性を高める「PRE-SAFEインパルス」、衝突時の衝撃音から乗員の耳を保護する「PRE-SAFEサウンド」などの新機能を採用。さらに、ステアリングアシスト機能を強化した「ドライブパイロット」、歩行者に加えて交差点での車両飛び出しにも対応した「アクティブブレーキアシスト」も備え、全方位の安全性を高い次元で実現している。

パワートレインは、最高出力184psまたは211psの2リットル4気筒ターボ、333psの3.5リットルV6ツインターボ、401psの3リットルV6ツインターボといった4種のガソリンターボエンジンに加え、最高出力195ps、最大トルク 400N・mを発生する新開発の2リットルディーゼルターボエンジンをラインアップ。9速AT「9G-TRONIC」を組み合わせることで、高出力かつ高効率を実現している。

価格は712万円から1186万円。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ボルボカーズ世界販売0.6%減---XC90 新型は好調 11月
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
ニッポンの自動車史に名を刻んだオモシロ軽自動車大集合!
日産、容赦なさすぎの「系列」完全解体完遂へ...最大の部品会社切り、IT企業と連携強化
【カジノ解禁法案】経済効果は年2.1兆円 参考は観光大国・フランス...200施設へ拡大も規模小さく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加