マー君、右肩の炎症でDL入り...9日ブ軍戦は88球で降板

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/13

【ロサンゼルス(米カリフォルニア州)12日(日本時間13日未明)】米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(28)が右肩の炎症のため、10日間の故障者リスト(DL)入りしたことが、球団から発表された。9日(同10日)のブルージェイズ戦では4回2安打3失点、88球で降板していた。

田中は、登板2日後はキャッチボールや、客席の階段を走ったりすることが多かったが、11日(同12日)のレッドソックス戦前の練習には姿を見せていなかった。

その際、ジラルディ監督は「中(室内)で体を動かしている」と説明していたが、DL入りとなった。田中はメジャー入り後、右肩の故障は初めて。次回登板予定は本拠地で14日(同15日)のメッツ戦だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加