【香港ヴァーズ】キセキ軽快に不安一蹴 岸本助手「状態は良さそう」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/07

「香港ヴァーズ・香港G1」(10日、シャティン)

一歩前進だ。左前脚と臀部に感染症が見つかり、他馬と隔離されて調整されていたキセキが、6日朝は他の海外組とともに登場し、AWコースをキャンターで1周半。軽快な動きに、岸本助手は「リラックスしていて状態は良さそうです」と不安を一蹴した。

7日の最終リハにはM・デムーロが駆けつけ、芝コースで追い切る予定だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
2017年一番売れたカラダ 小倉優香の黄金ボディを堪能
航空自衛隊員に特攻隊をやらせるつもりか!
正社員と非正規社員、給料逆転の可能性も
「浜崎よりもひどい!」音楽関係者が激怒する“ワガママ放題”アーティスト3人とは?
「長続きする夫婦・しない夫婦のLINE」何が違う?NG内容3つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加