大切な人へ感謝を込めて。思わず写真を撮りたくなる贈りもの3選

大切な人へ感謝を込めて。思わず写真を撮りたくなる贈りもの3選

  • ALICEY
  • 更新日:2019/03/22

こんにちは、とみこです。
私はカフェ巡りや料理が好きで、都内のカフェや、家で作った料理などをTwitterで発信していたら、フォロワー1万人を突破しました。

No image

以前こんなツイートをして以来、「勉強になった!」「こんな写真を撮りたい」と声をいただくようになり、今ではnoteで写真を撮るコツも発信しています。

私はSNSプランナー、ライターという仕事柄、自身で写真を撮ることも多いのですが、一眼レフを使わなくてもちょっとしたコツをつかむだけで、素敵な写真を撮ることができる……そんな風に思っています。

そんな思いを込めて、この連載をスタート。みなさんの写真を撮るひとときが、もっと楽しくなるといいなと思っています。

出会いと別れの季節、春。

お世話になった大切な人への贈りものは、心から喜んでもらいたいもの。今回は、もらったら思わず写真に撮りたくなる、そんなとっておきの贈りものを3つご紹介します。

■『NUMBER SUGAR』の生キャラメル

No image

私が贈りものでよく選ぶのは、表参道にある『NUMBER SUGAR』の生キャラメル。オレンジピール、ソルト、ラズベリー……12種類のフレーバーの生キャラメルを楽しめます。

ネイビー、グリーン、ボルドー、ライトグレーなど、リボンの色が選べるところも嬉しいポイントです。贈る相手に合わせて色を決めるのも楽しいかもしれません。ナンバーが書かれたパッケージもかわいくて写真映えも◎。

私は、ボックスとキャラメルのナンバーを見せたくて俯瞰で撮影しました。

■『Minimal -Bean to Bar Chocolate-』のタブレット

No image

私の仕事のリフレッシュに欠かせないのは、甘くとろけるチョコレート。日本生まれのビーントゥバー専門店『Minimal -Bean to Bar Chocolate-』のタブレットもお気に入りの一品です。

チョコレートを撮るときは、小さく砕いて断面のそばに配置すると、動きのある構図に。フラットな形で、ロゴやラベルもよく見えるように、俯瞰から撮影しました。

フレーバーごとにラベルの色みも違うので、その日の気分に合わせて選んでみて。

■『LOLA'S Cupcakes』のミニカップケーキ

No image

「何かプレゼントしたいけど、もっと気軽に贈りたい……」という時は、ロンドン発『LOLA'S Cupcakes(ローラズカップケーキ)』のミニカップケーキもおすすめです。

抹茶、ブルーベリー、レッドベルベットなどのフレーバーが揃っていて、カラフルな見た目もかわいい。お財布に優しい金額感も魅力的です。

トッピングが華やかだったので、俯瞰から撮影しました。サイズ感を引き立てたい時は横から撮るのも◎。眺めているだけで幸せな気持ちになれるカップケーキです。

思わず写真を撮りたくなる贈りもの。がんばった自分へのご褒美や、お世話になった人へのプレゼントとして、ぜひ選んでみて。

この連載を3月で卒業することになりました。

写真を撮って今この瞬間を切り取ることが、自分の心をちょっぴり幸せな気持ちにしてくれる。毎日が少しだけ楽しくなる……。

私はSNSと出合い、そして写真を撮るようになって、日々を切り取り残すことの喜びに気付くことができました。

上手に撮ることができなくても、少しずつ自分らしい写真を見つけられればいい。

そんな風に、この連載を通して写真の魅力や楽しさを届けることができていたなら嬉しいです。

(とみこ+アリシー編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
坂上忍が独走!「最悪の上司」ランキング2019
“危ない超加工食品”を鵜呑みにしてはいけない からくりを国立衛研安全情報部長・畝山智香子さんに聞く
三上悠亜、ぴったりニットの胸元がヤバイ 「膨らみが...」とファン撃沈
”治らない薬”が一番いい!?医師が明かす製薬業界「不都合な真実」
石野卓球、質問の回答に「するわけねーだろ」と発言 「言いすぎ」と批判殺到
  • このエントリーをはてなブックマークに追加