最新ランキングをチェックしよう
人間には病気を察知する不思議な第六感がある。それは写真からでも見分けられる。(スウェーデン研究)

人間には病気を察知する不思議な第六感がある。それは写真からでも見分けられる。(スウェーデン研究)

  • カラパイア
  • 更新日:2018/01/16

ごく普通の人たちが病気に対するレーダーのようなものを備えていることがある。それはまるで好しからぬものの存在をキャッチする第六感のようだ。その感度は素晴らしく、写真の顔からでも病気の兆候を察知できるのだという。
 病人を察知する能力があれば、病人を避けて感染のリスクが回避できる。
人間が持って生まれた病気に関する回避行動 病気に対する回避行動に関する研究は数多くあるが、それを実際に察知するメカニズム

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1万年前に描かれた洞窟の壁画は宇宙人なのか?NASAに調査を依頼(インド)
羊と人間のキメラ。人間の細胞を持つヒツジの胎児が誕生(米研究)
6万年以上前の洞窟壁画=ネアンデルタール人か-スペイン
アマチュア天文家が超新星爆発の瞬間を観測 - 東大などが確認
超巨大ブラックホールと銀河の進化には関係がない可能性が浮上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加