トランプ氏、1時間で見解一転 情報監視法を批判後に称賛

トランプ氏、1時間で見解一転 情報監視法を批判後に称賛

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/01/12
No image

米首都ワシントンのホワイトハウスで会議に臨むドナルド・トランプ大統領(2018年1月11日撮影)。

【AFP=時事】ドナルド・トランプ米大統領は11日、議会での採決を目前に控えた情報監視法の延長法案について、ツイッターへの投稿で疑問を呈したが、そのわずか1時間後に見解を180度転換するコメントを投稿した。

米国では、2001年の同時多発攻撃を受けて制定された外国情報監視法第702条により、裁判所命令の取得を条件に、テロまたはスパイ行為に関与した疑いのある外国人に対する政府機関の電子監視活動が許されてきた。

同条項は論争の的となってきたが、民主・共和両党の歴代政権はいずれも、この監視活動はテロ対策と防諜(ぼうちょう)活動に不可欠であり、多くの人命を救ってきたと主張しており、トランプ政権も同じ立場を取ってきた。

だが、トランプ大統領は早朝のツイッター投稿で、FOXニュースの報道番組から借用したとみられる表現を使い、「議論を呼ぶFISA法、下院できょう採決」と投稿。同法はバラク・オバマ前政権下で自身に対する盗聴活動に使用された可能性があるとして、懸念を表明した。オバマ政権はトランプ氏に対する盗聴活動はなかったと強く否定している。

トランプ大統領のツイートを受け、米政界では衝撃が広がった。すると同大統領は再びツイッターへの投稿で、今度は同法支持を表明。「とは言え、私は就任してから、策略を暴くプロセスの改善を個人的に命じてきており、きょうの採決は外国の国土での外国の悪人に対する対外監視についてのものだ。私たちにはこれが必要だ! 賢くなれ!」と書き込んだ。

米下院はその後、第702条の延長を賛成256反対164で可決。上院ではより困難な審議が予想されるものの、最終的には通過する見通しだ。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
イチロー、日本球界に復帰する“最適球団”は古巣でも地元でもなく...
中居正広の「問題発言」ファンもドン引き
木村拓哉『BG~身辺警護人~』スタッフが頭抱えた「身長差」
指原莉乃、“さしこ100%”生披露&ビキニでコンサート再び
フジ山崎アナが自宅公開、女子アナらしくない部屋の装いに視聴者感激
  • このエントリーをはてなブックマークに追加