「3期9年」が有力 自民党、総裁任期の延長決定へ

「3期9年」が有力 自民党、総裁任期の延長決定へ

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19
No image

自民党は19日に総裁任期の延長を事実上、決定します。これまでは「1期3年」で、最大でも「2期6年まで」と決められていました。これを1期延ばして「3期9年まで」とする案と、制限を撤廃して総裁選で勝つ限り何期でもできるようにする案の2つが検討されています。果たしてどうなるのか、自民党本部から報告です。

(政治部・大瀧翔子記者報告)
この後に行われる会議では、18人のメンバー一人ひとりから最終的な意見を聞きます。任期延長は「3期9年」となる見通しです。3期9年を採用する最大の理由は「安倍総理大臣のための延長ではないのか」とする反対派にとって、「無期限」よりも反発が少ないからです。これまでの自民党総裁任期の歴史を見ても、中曽根内閣ではそれまでの「2期4年」に「プラス1年」、小泉内閣では「2期6年」にした経緯があり、一歩一歩、変えていきたい狙いがあります。党内では「なぜ今、この議論をやる必要があるのか」という声がくすぶっていますが、表立って異論を唱える人はいなくなりました。執行部は来年3月の党大会での党則改正を目指し、年内に取りまとめる方針です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
安倍総理、ロシアとの領土交渉の進展に強い決意
【報ステ】蓮舫代表vs安倍総理 カジノ法案で討論2
「おまいう大賞」金賞の蓮舫代表が党首討論 安倍総理に「息をするようにウソをつく」などの発言が話題に
【党首討論】公明・山口那津男代表が民進・蓮舫代表の発言に待った! 「キューバでカジノ見ていない」
【報ステ】蓮舫代表vs安倍総理 カジノ法案で討論1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加