綾瀬はるか陥落!秋ドラマ、事前の注目度 VS 実際の視聴率

綾瀬はるか陥落!秋ドラマ、事前の注目度 VS 実際の視聴率

  • 週刊女性PRIME
  • 更新日:2017/11/15
No image

左から米倉涼子、綾瀬はるか、綾野剛普段感じていること、あるいは口には出せないホンネ、はたまた口が裂けても言えない秘密。──匿名という条件のもとに、ぜんぶ白日の下にさらけ出します! 男女のセキララなアレコレを、いろんな角度からアナリティクス(分析)! 数字はウソをつきませんよ♪

注目の秋ドラマはどれ!? 並みいる人気シリーズを抑えて、1位は…

この秋も民放ドラマが盛り上がっています! 一時期のドラマブームからは落ち着いたものの、毎週楽しみにしている人も多いのでは?

この記事のすべての写真を見る

そこで放送開始前に、20〜30代女性200人を対象に「この秋のドラマ、何が楽しみ?」というアンケートを採りました(アイリサーチ調べ)。はたして実際の視聴率との“差”はどれだけあるのでしょうか?

■この秋の民放ドラマ、注目度ランキング
(2017年10月までにスタートする民放のゴールデン・シルバータイム帯の主な新作ドラマ15番組が対象に放映開始前に調査。1位3pt、2位2pt、3位1ptで算出)

1位『奥様は、取り扱い注意』160pt
(出演:綾瀬はるか/日本テレビ系列/10月4日~)
2位『ドクターX~外科医・大門未知子~』134pt
(出演:米倉涼子/テレビ朝日系列/10月12日~)
3位『コウノドリ』120pt
(出演:綾野剛/TBS系列/10月13日~)
4位『先に生まれただけの僕』69pt
(出演:櫻井翔/日本テレビ系列/10月14日~)
5位『今からあなたを脅迫します』66pt
(出演:ディーン・フジオカ、武井咲/日本テレビ系列/10月15日~)
6位『相棒 season16』59pt
(出演:水谷豊、反町隆史/テレビ朝日系列/10月18日~)
7位『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』53pt
(出演:篠原涼子/フジテレビ系列/10月23日~)
8位『監獄のお姫さま』51pt
(出演:小泉今日子/TBS系列/10月17日~)
9位『陸王』39pt
(出演:役所広司/TBS系列/10月15日~)
10位『オトナ高校』37pt
(出演:三浦春馬/テレビ朝日系列/10月14日~)
11位『明日の約束』35pt
(出演:井上真央/フジテレビ系列/10月17日~)
12位『科捜研の女』31pt
(出演:沢口靖子/テレビ朝日系列/10月19日~)
13位『さくらの親子丼』15pt
(出演:真矢ミキ/フジテレビ系列/10月7日~)
14位『刑事ゆがみ』14pt
(出演:浅野忠信、神木隆之介/フジテレビ系列/10月12日~)
15位『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』5pt
(出演:沢村一樹/テレビ東京系/10月20日~)

『ドクターX』と『コウノドリ』など、実績のある人気シリーズを抑えて1位になったのは『奥様は、取り扱い注意』! 主演の綾瀬はるか人気に後押しされたようで、「綾瀬はるかが可愛くて好きだから。 コメディ要素もあり気軽に見られそうだから」(東京都・25歳)など、寄せられたコメントのほとんどに綾瀬さんの名前があったほど!

また今期の完全新作では、『先に生まれただけの僕』が4位という健闘ぶり。「櫻井くんが出てるから」(新潟県・25歳)など、主演の櫻井翔さん人気に支えられていることがわかります。やはりドラマの顔は主演!  注目度の高いキャスティングが、前評判に繋がるということでしょう。

ただ、過去の実績も注目度に直結しますよね。とくに今期は『ドクターX』『相棒』などのビッグタイトルがあります。『ドクターX』では「今までのシリーズも面白く、好きだったから」(三重県・37歳)といったコメントがあり、『相棒』でも「このシリーズのファンだから」(大阪府・30歳)など、人気シリーズには固定ファンがしっかり付いているのが強みといえそうですね。

裏を返せば、主演がちょっと地味だったり、過去の実績がないものについては、そこまで注目が集まらないともいえます。日本のドラマは“中身”で勝負しにくいというのは、こういった理由も大きそうですよね。

「続きモノは強い」というセオリーに崩す注目作品はどれ!?

では、事前の注目度と実際の初回視聴率、どれくらいの“差”があったのでしょうか? 視聴率順のランキングとセットで見てみましょう。

■この秋の民放ドラマ、初回視聴率ランキング
(視聴率はビデオリサーチによる関東地区調べ)

1位『ドクターX~外科医・大門未知子~』視聴率20.9% (注目度134pt)
2位『相棒 season16』視聴率15.9% (注目度59pt)
3位『陸王』視聴率14.7% (注目度39pt)
4位『コウノドリ』視聴率12.9%(注目度120pt)
5位『科捜研の女』視聴率12.3%(注目度31pt)
6位『奥様は、取り扱い注意』視聴率11.4%(注目度160pt)
7位『先に生まれただけの僕』視聴率10.1%(注目度69pt)
8位『監獄のお姫さま』視聴率9.6%(注目度51pt)
9位『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』視聴率9.0%(注目度53pt)
10位『明日の約束』視聴率8.2% (注目度35pt)
11位『今からあなたを脅迫します』視聴率 8.0% (注目度66pt)
12位『刑事ゆがみ』視聴率7.6% (注目度14pt)
13位『オトナ高校』視聴率 5.4% (注目度37pt)
14位『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』視聴率4.4% (注目度5pt)
15位『さくらの親子丼』視聴率4.2% (注目度15pt)

シーズンを重ねた人気シリーズが上位を独占する結果に! とくに『ドクターX』は圧倒的な強さですね。

完全新作としてトップ5入りしたのは、池井戸潤原作で前評判の高かった『陸王』のみでした。事前の女性視聴者の注目度は高くなかった反面、高い視聴率を獲得したのは、作風を考えると男性人気に後押しされたという見方もできそうです。

同じく低い注目度とは裏腹に視聴率が高く出たのは『科捜研の女』。男性人気はもちろんのこと、シリーズモノの根強い人気が垣間見られた印象ですね。

逆に、高い注目度がありながら今一歩視聴率が伸び悩んだのは、まさかの『奥様は、取り扱い注意』。2桁台という安定した視聴率ではありますが、トップ5からこぼれた結果になってしまいました。

これらのことから、必ずしも事前の注目度と実際の視聴率は比例しないということがわかりました。とはいえ、事前の注目度も視聴率も、自分で見て面白ければ関係ないですよね。「これが好き!」というドラマを見つけるためにも、食わず嫌いは禁物! 今からチェックしても、きっと遅くないですよ!

<文 / 雛菊あんじ>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「賭ケグルイ」実写ドラマ化!ギャンブル狂の少女描く
フジ新ドラマ『FINAL CUT』から「元SMAP・草なぎ剛が外された!?」、民放ドラマ起用は絶望的か
数原龍友の作詞曲は「やっぱ神曲」!【視聴熱】11/21デイリーランキング
元旦朝からカマキリ先生! 「香川照之の昆虫すごいぜ!」第5弾はマレーシアへ行く放送枠拡大のスペシャル版
有働アナが土下座謝罪「NHKあさイチ」で告知ミス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加