日本初公開作を上映する中国映画祭「電影2018」が東京、大阪、名古屋で

日本初公開作を上映する中国映画祭「電影2018」が東京、大阪、名古屋で

  • ナタリー
  • 更新日:2018/02/15

「日中国交正常化45周年記念 中国映画祭『電影2018』」が、3月に東京、大阪、愛知にて順次開催される。

No image

「芳華-Youth-」 (c)Huayi Brothers Pictures Limited

すべての写真を見る(全11枚)

No image

2017年12月、日中の国交正常化45周年を記念し、中国の3都市で日本映画の上映会が開催された。それに続く「中国映画祭『電影2018』」は、日本初公開となる中国映画を上映するもの。ホアン・シュアン主演のフォン・シャオガン監督最新作「芳華-Youth-」など、ジャンルを問わない新作9本がラインナップされた。さらに東京会場では、東野圭吾の原作をハン・ジェが映画化し、ジャッキー・チェンらが出演した「ナミヤ雑貨店の奇蹟」も加えた10本をスクリーンにかける。

No image

東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて3月8日から10日、愛知・109シネマズ名古屋にて3月12日から14日の開催。大阪会場は、大阪・阪急うめだホールにて3月10日、梅田ブルク7にて3月11日と12日に実施される。チケットは、2月17日より各劇場窓口とオンラインシステムにて発売。阪急うめだホールのチケットはチケットぴあにて取り扱われる。

日中国交正常化45周年記念 中国映画祭「電影2018」

2018年3月8日(木)~10日(土)東京都 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
2018年3月10日(土)大阪府 阪急うめだホール
2018年3月11日(日)、12日(月)大阪府 梅田ブルク7
2018年3月12日(月)~14日(水)愛知県 109シネマズ名古屋
料金:1300円
<上映作品>
「芳華-Youth-」
「追跡」
「シティ・オブ・ロック」
「無言の激昂」
「乗風破浪~あの頃のあなたを今想う」
「無敵名人の最強食譜」
「ライスフラワーの香り」
「南極の恋」
「奇門遁甲」
「ナミヤ雑貨店の奇蹟」※東京会場のみ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大事なのは「優先順位」を固定しないこと。『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』押井守監督の制作秘話
大杉漣さん急死 ドラマ収録後に倒れ...松重豊が病院搬送も
ミッフィー×アートの巨匠。子どもの目線で名画を鑑賞してみると...?
セブンティーンモデル・久間田琳加、映画初主演に喜び「撮影が楽しみ」
<高橋一生×齊藤 工インタビュー>同世代2人が互いに抱く“特別な思い”「半ば諦めかけていた」奇跡のタッグ実現の裏側
  • このエントリーをはてなブックマークに追加