ヤクルト山田、頭使って3度目トリプルスリーだ  配球研究でノーモア大不振

ヤクルト山田、頭使って3度目トリプルスリーだ 配球研究でノーモア大不振

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/12
No image

温泉につかる山田

ヤクルト・山田哲人内野手(25)が11日、松山市での自主トレを公開。2年ぶり3度目のトリプルスリー達成へ、配球の研究に力を入れ直す考えを示した。

昨季は打率・247、24本塁打、78打点、14盗塁。自身の状態だけでなく、相手の対策が進んだことも不振の要因だった感はある。苦しんだ1年間について「変化球は…多かったですね」と振り返った。

もちろん、以前もスコアラーが作る資料には目を通していた。それをさらに活用することを決意。基本的には「相手どうこうより、自分のスイングをする」というタイプだが「技術以外では、配球を勉強してやっていきたい。毎年違うと思うし。ヒットがホームランになったりする確率を増やすためにも、怠らずやっていこうかな」と明かした。

屋外では小雪が舞う寒さに負けず、体幹トレーニングからキャッチボール、マシン打撃まで約5時間、しっかりと体を動かした。「いい感じで練習できている。今年は結果を出したい気持ちが強い。誰もが認める数字を出して、今年は何とか達成できるように」。ツバメ軍団の主砲は頭もフル回転して、3度目のトリプルスリーという“難問”をクリアする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
輝け!新鮮力=プロ野球、注目の5新人
三田友梨佳、白鵬「かち上げ問題」への見事な講釈に安藤優子も脱帽!
大幅戦力入れ替えの鍵を握る新外国人4選手...2018年日本ハムの助っ人陣容
東スポ「中日・岩瀬が日ハム移籍拒否」報道で考えたこと
2018ドラフト候補の大学生投手5人。ジャパン合宿で見たら凄かった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加