ヤクルト・山田、18年は“湯〜言実行”します「誰もが認める数字出す」

ヤクルト・山田、18年は“湯〜言実行”します「誰もが認める数字出す」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/12

ヤクルト・山田哲人内野手(25)が11日、愛媛・松山市の坊っちゃんスタジアムの室内練習場でチームメートらと行う自主トレを公開した。昨季は打撃不振に苦しんだ山田は「とにかく誰もが認める数字を出したい」と誓い、今季は配球など相手の研究にも力を注ぐ考えを明かした。練習後は同市にある権現温泉で疲れを癒やした。

気温3度。外では雪が舞う松山市の室内練習場で、山田は黙々とバットを振り続けた。個人としてもチームとしても巻き返しをはかる一年へ、決意を語った。

「とにかく誰もが認める数字を出したい。『山田が打たないとこのチームは勝てない』と言い続けられているので、自覚を持ってやっていきたい」

昨季は打率・247、24本塁打、78打点、14盗塁と不振に陥った。目標に掲げていた3年連続のトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)には届かず、チームも歴代ワーストの96敗を喫して最下位に沈んだ。「モチベーションを保つのが難しかった」と振り返った苦悩の一年だった。

だが、年は明けた。昨季の不振の要因としてあげたのは、相手チームによる自身への研究だ。三振数はおととしが101個だったのに対し、昨季は132個。「変化球が多かった」とマークの厳しさを振り返った。「考えてやらないといけない。今年は技術以外でも、相手投手の研究だったり配球の勉強だったりが必要だと思う。スコアラーの人が相手を分析してくれているので、資料をもらい、データとして取り入れたい」。相手の心理を読むことで、新たな山田となる。

このオフは東京都内の施設でウエートトレーニングなどを重ね、大阪・豊中市にある実家に帰省してからも練習を積んできた。昨季は開幕前の3月にワールド・ベースボール・クラシックもあり、調整に苦しんだが「(今年は)いい感じの練習ができている。結果を出したいという気持ちが強いので、キャンプ初日からしっかり動けるように1月からやっていきたい」と充実した表情を見せた。今年は山田が、必ずチームを浮上させる。 (横山尚杜)

権現温泉(ごんげおんせん)

愛媛・松山市にある温泉。アルカリ性単純泉で皮膚病、神経痛、疲労回復に効果があるとされる。ヤクルト選手御用達で旅館の展示スペースには池山(現楽天コーチ)のヤクルト時代のユニホームやバット、色紙などが展示されている。

No image

ヤクルトの選手たちは自主トレ後、権現温泉につかって疲れを取った(撮影・岩川晋也)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人 投手陣に目標値設定 「規定投球回数到達者5人」など4項目
12球団屈指の顔ぶれ? 昨季HR王&米ドラ1右腕が加入した巨人の助っ人陣容
「3番・福留」構想!金本阪神のV奪回打線見えた
三田友梨佳、白鵬「かち上げ問題」への見事な講釈に安藤優子も脱帽!
井口新監督が平沢大河に指摘した重要なポイント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加