自宅で映画見るなら、ソニーの肩のせスピーカーがめちゃくちゃ良いですよ!

自宅で映画見るなら、ソニーの肩のせスピーカーがめちゃくちゃ良いですよ!

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/12/07
No image

●肩のせスピーカーって何だ

○"テレビで良い音"はハードルが高い

映画やゲームを良い音で楽しみたい! と常々思っていました。

でも自宅に音響設備を整えるのは、金銭的にもスペース的にも知識的にもハードルが高くて難しい。仕方ないからテレビから出る音でいいか……とあきらめていたところに、魅力的な製品が登場しました。

ソニーの肩のせスピーカー「SRS-WS1」です。"肩のせ"とはどういうことかというと、

こういうことです。肩にご注目ください。

遠くから見ると"風呂上がりのお父さん"みたいに見えますが、肩にのっているのはタオルではなくSRS-WS1です。

こんな感じで首にひっかけて使います。従来のいわゆる"スピーカー"とは一線を画したビジュアルですが、今はこういった肩かけタイプが注目されているようで、ソニー以外にもいろいろなメーカーが参入しているそうです。

○音につつまれる? らしい

簡単に仕組みを紹介しておきましょう。SRS-WS1はテレビに接続した送信機とヘッドホン部がワイヤレスで通信して音を受け取り、首周りのスピーカーから再生しています。音を飛ばしているだけといえばそうなのですが、ヘッドホン部の構造にソニーの技術が詰め込まれていて、"音につつまれる"ような体験を可能にしているといいます。

とはいえ、使う前は「本当に?」と少々疑い気味だった筆者。実際に使ってみてどうだったのでしょうか。

まずは装着感。首や肩のラインをかなり研究して作られているのでしょう。ぴたりとマッチしてとても快適です。誰にでも100%ジャストフィット! と言い切れるわけではありませんが、おそらくほとんどの人が違和感なく使えると思います。肌に当たる部分もやわらかい布系素材で好印象です。

一方、重量は335gあるので、「何かのっている」感はあります。つけ心地がいいので数字ほどの重さは感じませんし、常識的な時間の範囲の使用であれば肩こりにつながるようなこともなさそうですが、さすがに肩にのせていることを完全に忘れるレベルではありません。重くも軽くもない、といった印象です。

首元のところに操作部があります。電源の他、音量の上下と振動の強弱が設定できます。そう、こいつ、映像に連動して振動するのです。それってもう、映画を楽しめと言わんばかりじゃないですか。

ということで映画を見てみることにしました。今回は『ミッション・インポッシブル』シリーズで体験です。

○あっ、すごいわこれ

実はこの段階までは、まだスピーカーの効果に疑いを持っていまして、とりあえずボリュームも振動も強めで使ってみたのですが、そうしたらこれがすごかった。

「あっ、これ映画館の音だ」と思いましたね。

そりゃあ冷静に比べると本物の映画館の方がずっと迫力があるのですが、でも映画館の音響の雰囲気をかなりコンパクトにまとめるとこうなるんじゃないかなという感覚を味わえたのです。音質自体もけっこう良いのですが、それよりもやはり首周り全部から音が聴こえてくることが、迫力を生み出している理由なのでしょう。派手なカーチェイスなどのシーンで音がきちんと左から右、右から左へと移動するのにも感激しました。なるほど、「音につつまれる」というキャッチコピーは決して誇大ではありません。

振動もいい仕事をしてくれます。途中、強設定だとちょっと強すぎるかなと感じて中にしたところ、ちょうどよく楽しめました。弱は本当に弱いので、あまり意味がないかもしれません。

●ライブDVDも見てみよう

○音質に疎い人も良さがわかる

映画でこれだけ迫力があるなら……と次はライブDVDを視聴。こちらも思った通り、体験のグレードがぐっと上がります。ライブ会場にいるかのような感覚です。これがSRS-WS1のようなコンパクトなガジェット一つで実現できるのだからすばらしいですね。

めちゃくちゃ高級な機材をそろえればもっと感動的な音になるのかもしれませんが、そこまでそろえるのはハードルが高いという人にとって、SRS-WS1は非常にコストパフォーマンスに優れた選択肢だと思いました。

また、マンション住まいの方にもおすすめです。SRS-WS1ならどれだけ迫力ある音で聞いてもしょせんは首周りの話。隣の部屋に漏れる心配もほぼありません。さすがに同じ部屋にいる人には聞こえますけどね。音が漏れないだけなら普通のヘッドホンを使えばいいのですが、それではSRS-WS1と同じ体験は得られないですし、個人的に長時間つけてより疲れないのはSRS-WS1でした。

ちなみにBluetoothやWi-Fiがついているわけではないので、そうしたワイヤレス接続を利用して音楽を再生するといった使い方はできません。

それから、何でもかんでも迫力が増すわけではなくて、試しに見てみたテレビのバラエティ番組はいまいちパッとしませんでした。笑い声やSEを再生してもあまり意味がないようです。

ということで、SRS-WS1は映画やライブDVDなど、もともと迫力のあるサウンドのパワーをさらに増幅して、映画館のような音に近づけるためのガジェットといえるでしょう。音質が向上するというよりも音の体験そのものが変わるので、筆者のような音質に疎いタイプでもはっきりと違いがわかります。

自宅に人を招いたときに使ってもらうと、確実に「おおっ」という反応が得られるでしょう。そういった点からも、スマートスピーカーやVRと同様、未来を感じられる製品です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ネトゲの嫁が】男子がネットで美女と大恋愛 → オフで会ってみた結果...嫁の姿にネットユーザー同情「2017年最大の悲劇だ」
「和式便器は金隠し側を後ろに座るのが正解」Twitterで拡散 TOTOに聞いて真偽を確かめてみた
「深夜に晩ゴハン食べる生活」を5年間続けた結果がエグい! 標準体型の人でもこうしてデブになる
8歳の娘が描いた絵画があまりに「画力ありすぎる」と海外で話題に!
【衝撃】元ネットカフェ店員が語る「マジで迷惑な客」ベスト5がカオスすぎてヤバイ! 本当にそんな客いるのかよ!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加