酒井宏が高速クロスで今季初アシスト!マルセイユはリーグ戦4試合ぶりの勝利

酒井宏が高速クロスで今季初アシスト!マルセイユはリーグ戦4試合ぶりの勝利

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/09/18
No image

[9.17 リーグ1第6節 アミアン0-2マルセイユ]

リーグ1は17日に第6節を行い、日本代表DF酒井宏樹所属のマルセイユは敵地でアミアンと対戦し、2ー0で勝利した。右サイドバックの酒井はリーグ戦2試合ぶりにフル出場。後半8分に今季初のアシストを記録した。

14日のヨーロッパリーグ(EL)グループリーグ第1節・コンヤスポル戦(1-0)を勝利で飾ったマルセイユは、従来の4-3-3から4-2-3-1を採用。復調を見せているFWディミトリ・パイェをトップ下に配置した。前半は互いにチャンスをつくるが0-0で折り返す。すると後半に入り、酒井が得意の高速クロスからアシストを決めた。

後半8分、パイェのスルーパスに反応した酒井が右サイドを突破。高速クロスをPA内に放つと、相手DFとともに走り込んだMFクリントン・エンジーがお腹で押し込み、先制点を決めた。酒井は3月1日のクープ・ドゥ・フランス(国内杯)ラウンド16・モナコ戦(延長3-4)以来、約半年ぶりのアシストとなった。

均衡を破ったマルセイユは後半10分にも追加点。左サイドからパイェのパスを受けたMFフロリアン・トバンがPA中央に進入して右に走るエンジーにパスを出すと、エンジーは勢いよく右足シュートを放ち2点目を決めた。そのままリードを守ったマルセイユが2-0で勝利。連敗を脱出してリーグ戦4試合ぶりの白星となった。

●海外組ガイド

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
長友は3試合ぶり出番なしも...インテル開幕6戦で4度目の完封勝ち
久保、2試合連続のゴールはならず...前半開始早々に失点のヘントは連勝を逃す
大迫唯一のチャンス生かせず途中交代...最下位ケルンは連敗5で止め今季初の勝ち点1
バルサとコウチーニョの個人契約がリーク...リヴァプールとの交渉経緯も暴露
終盤に強いインテル、ダンブロージオがゴールをこじ開け勝利...長友は出番なし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加