立ち上がりにくい髪のセット法!

立ち上がりにくい髪のセット法!

  • 頭美人
  • 更新日:2018/07/12
No image

立ち上がりにくい髪のセット法!

ほしいのは髪のボリューム

髪が立ち上がらない…そんな悩みを持っている人はいませんか。

男性では特に、フロント部分をカッコよく立ち上がらせてヘアスタイルを決めたいという人が多いでしょう。

一方、女子の中にも髪全体を立ち上がり気味にして、ボリューム感を出したいという願いはたくさんの人が持っているはず。

そう、問題は髪のボリュームなんです。

フロントとトップがカギ

ボリュームを求めるのは、何も男子のフロントだけではありません。

よく聞く薄毛やAGA(男性型脱毛症)はおでこから頭頂部にかけて発生しやすく、「若はげ」の人でも側頭部は髪の毛が豊富に残っているケースがよくあります。

これは、簡単に言うと薄毛の引き金となるホルモンの分布が偏っているから。

つまり、側頭部には該当するホルモンが少ないんです。
男女差はあるにせよ、側頭部の髪の毛(毛根)は元気があり、前から頭頂部にかけては元気がないということ。

頭皮の健康を取り戻そう

早い話が、最もボリュームがあって立ち上がってほしいフロントとトップは、もっともボリュームがなく立ち上がりにくい部位というわけです。

では、どうすればいいのでしょうか。

髪の毛のボリュームを出すには、頭皮の健康を整えることが最大の解決方法です。

常に清潔にするのはもちろん、石油系の界面活性剤を使った安価なシャンプーを使わないとか、洗髪の後はすぐに乾かすとか、脂っこい食事を避ける、疑似女性ホルモンであるイソフラボンを多く摂取するなど、やり方はさまざまです。

でも、それらはみな生活習慣の改善が必要なもので、やったからすぐに効果が出るわけではありません。

スタイリングの工夫で解決

さらに、生まれつき髪の毛が細く、密度も低い方もいます。

では、そういう人を含め、髪の毛が立ち上がりやすくするにはどうすればいいでしょうか。

プロによるカットやパーマで髪をボリューミーに見せることは可能ですが、ここでは普段できる対策を一つ。

それは、スタイリングです。

フォームやジェル、ワックスなど、さまざまなスタイリング剤がありますが、それらを髪につけるとき、表面だけなでるようにしていませんか。

キーとなるのは「根元」。
髪の毛のボリュームは根元部分がしっか立ち上がっていないと出すことはできません。

ですから、スタイリング剤はまず根元部分にもみ込むようにつけてください。

そして、ドライヤーで髪を起こすようにブローしたら、冷風でクールダウンして定着。
これで、OKです。

ただし、決して頭皮にスタイリング剤を刷り込まないでくださいね。

毛穴のつまりなど別の意味でトラブルの原因になりますよ!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【盛れる裸眼ナチュラルメイク】
帽子ヘアアレンジで夏の暑さを和らげる髪型を楽しもう!
ドラッグストアで買える! お手頃価格が嬉しい「美白コスメ」3選
美容鍼灸師が教える!汗のニオイを解消するツボ・マッサージ
まずは顔立ちをセルフチェック! 4タイプ別・似合うEYE&LIPレシピ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加