フライ付きビール列車「プレミアムフライ電」

フライ付きビール列車「プレミアムフライ電」

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2017/09/15

富士急行は9月29日、プレミアムフライデーを楽しみ尽くすビール列車「プレミアムフライ電」を運行する。同列車は富士山の天然水を使用した「ふじやまビール」が飲み放題になるほか、富士急行線沿線の名物揚げ物(フライ)が多数食べられるという。

No image

その他の大きな画像はこちら

プレミアム「フライ」デーに合わせて走る「プレミアムフライ電」では、河口湖の人気店「ふるやのコロッケ」、こだわりの肉を使った旨味たっぷりの「大西肉店のメンチカツ」、谷村駅内に店舗を構える隠れた名店「文化飯店のからあげ」、一本ずつ手作りしている大月の「中込精肉店の串かつ」など地域の名物フライが揃い踏み。さらに、それぞれのフライは最寄り駅から揚げたてをデリバリーするという、まさにプレミアムな「フライ」デーに相応しい列車だ。

また、終点の大月駅に停車中も、車内で生ビールが飲める「居酒屋電車」として営業。「居酒屋電車」は、富士急行線の乗車券または定期券を持っていれば、「プレミアムフライ電」に乗車した人以外も利用することができる(※フライ類の提供はない)。開催日時と運行区間は、9月29日16時半集合、16時53分発車で、河口湖駅発→大月駅着のルート。人数には限りがあるため、乗車には予約が必要だ。料金は3,900円(税込み)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
お酒を「原価」で飲める激安バーが、それでも儲けを出すカラクリ
インターネット掲示板2ちゃんねるで話題 『ケンモ飯』がコスパ最強すぎる
ケンタッキー公式の食べ方に「知らなかった」の声続々 チキンから骨を抜く・ペーパーナプキンを使わない・骨をしゃぶる
【自販機限定】コーラにコーヒーを加えた「コカ・コーラ コーヒープラス」を飲んでみた結果
あの回転寿司チェーン、なぜ客が離れてしまった?某コンビニのおにぎりがウマくなった理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加