豪栄道、阿武咲、大栄翔、大翔丸の4人が1敗

豪栄道、阿武咲、大栄翔、大翔丸の4人が1敗

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/16
No image

正代を押し出しで下し、1敗を守った豪栄道(右)=撮影・出月俊成

「大相撲秋場所・7日目」(16日、両国国技館)

7日目を終えて、全勝はなく、1敗は豪栄道、阿武咲、大栄翔、大翔丸の4人となった。

大関豪栄道(境川)は前頭5枚目の正代(時津風)を押し出しで下し2日目から6連勝。横綱日馬富士(伊勢ケ浜)は前頭4枚目の松鳳山(二所ノ関)を寄り切りで下し4勝3敗となった。

前頭3枚目の阿武咲(阿武松)は同2枚目の北勝富士(八角)を押し出しで下し1敗(6勝)を守った。

前頭14枚目の遠藤(追手風)は同10枚目の豪風(尾車)にはたき込みで敗れ3敗目(4勝)。前頭10枚目の石浦(宮城野)は同7枚目の勢(伊勢ノ海)に押し倒しで敗れ3連敗で2勝5敗となった。

前頭筆頭の元大関琴奨菊(佐渡ケ嶽)は小結玉鷲(片男波)に押し出しで敗れ3連敗で4勝3敗。関脇御嶽海(出羽海)は小結栃煌山(春日野)を押し出しで下し、3連勝で4勝目(3敗)を挙げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
貴景勝、初金星! ライバル阿武咲に続いた「1つのターニングポイント」
日馬富士、歴代2位タイの通算39個目金星配給/秋場所
千代大龍、勝ち越し 唯一2敗守る「優勝なんて夢のまた夢」
日馬富士「しょうがない」今場所4個目の金星配給
豪栄道、宿敵・栃煌山下し9連勝 故郷では早くもPVを検討
  • このエントリーをはてなブックマークに追加