沙羅3位...歴代単独最多54勝目は持ち越し「自分の思うようなジャンプができなかった」/ジャンプ

沙羅3位...歴代単独最多54勝目は持ち越し「自分の思うようなジャンプができなかった」/ジャンプ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/13

ノルディックスキー・W杯ジャンプ女子・個人第5戦(13日、札幌市宮の森ジャンプ競技場=HS100メートル、K点90メートル)平昌五輪代表で、予選トップ通過の高梨沙羅(21)=クラレ=は93メートル、93メートルの合計238・2点で3位に終わった。ジャンプ男女を通じて歴代単独最多の54勝目はまたも持ち越しとなった。

高梨は「納得がいくようなものではなく、自分の思うようなジャンプができなかった。平昌五輪で金メダルを取るために練習してきた。自分を高めていきたい」と話した。

マーレン・ルンビ(23)=ノルウェー=が95・5メートル、93・5メートルの合計252・9点で優勝。今季3勝目を飾った。今季2勝のカタリナ・アルトハウス(21)=ドイツ=は合計248・6点で2位。

五輪代表の日本勢は、予選6位の伊藤有希(23)=土屋ホーム=は4位。勢藤優花(20)=北海道ハイテクAC=は11位、岩渕香里(24)=北野建設=は失格となった。

No image

3位で表彰台に上がった高梨沙羅=宮の森ジャンプ競技場(撮影・松永渉平)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
原田雅彦「ふぅなきぃ〜!」の舞台裏を語る
ネイサン・チェン、羽生結弦に勝って感じた「気まずい思い」とは?
羽生結弦が練習再開、中国ファンから歓声=「絶対に平昌に行く!」「私の時間使って」
宮原知子が平昌五輪へ意気込み 「自分のベストを尽くしたい」
高橋大輔氏、羽生結弦の練習再開に「ほっとした」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加