伊アルカンターラ ボラーニョ会長「日本でのプレゼンス、すでに結果がでている」

伊アルカンターラ ボラーニョ会長「日本でのプレゼンス、すでに結果がでている」

  • レスポンス
  • 更新日:2016/10/18
No image

イタリアの人工スエードメーカー、アルカンターラ社のアンドレ・ボラーニョ会長兼CEOは10月18日、都内で会見し、ブランド認知度を全力で高めるために米国とアジアに重点を置いており、このうち日本では「すでに結果がでている」との見通しを示した。

ボラーニョ会長は「アルカンターラは世界中でのブランド認知度を全力で高めようと努力を続けている。すでにヨーロッパでブランドを確立したが、現在重点を置いている地域としては米国そしてアジアの2か所」と説明。

日本に関しては「最近始めたばかりではあるが、すでに結果がでている。例えばレクサス『LC500』を始め、マツダの『MX-5』や『アテンザ』、そしてインフィニティ『Q30』などに採用されている」と紹介した。

アルカンターラ社の2015年度の売上高は1億6500万ユーロで、このうちシート素材を始めとする自動車産業向けが4分の3を占めているという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
OECD学力調査 日本、科学と数学は1位
ムーミンのテーマパーク、2019年春オープンに 北欧イメージの別エリア「メッツァビレッジ」は2018年に先行開業
業種・職種別「平均年収&生涯賃金」ランキング、各1位は?
20人で購入した宝くじが477億円に!メンバーのお金の使い方や今後の過ごし方がカッコいい
トヨタ、新型パワートレーンを発表! 2017年より搭載車種を拡大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加