EXOスホ「会いたかった」1年ぶり東京ドーム公演

EXOスホ「会いたかった」1年ぶり東京ドーム公演

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01
No image

東京ドーム公演を行ったEXO(撮影・松本久)

韓国の男性ダンス・ボーカルグループEXO(エクソ)が11月30日、東京ドーム公演を行った。2年連続の同所公演は、3回目を迎えたワールドツアー日本公演の一環だ。

最初のあいさつで、リーダーのスホ(25)は「会いたかったです。盛り上がって行きましょう」とあいさつ。カイ(23)も「東京ドームは最高です。皆さんにすべてを差し上げます!」と盛り上げた。

3時間以上に及んだパフォーマンスでは、今月7日発売の新曲「Coming Over」を初披露。カイ、セフン(22)、レイ(25)の3人による雨の降る中での芸術的なダンスや、チャンヨル(24)とレイ(25)のアコースティックギター演奏など、盛りだくさんのステージで、東京ドームを“EXOワールド”一色に染め上げた。

最後のあいさつで、スホは「皆さんのおかげで、今日、約1年ぶりにここに立てた。また、このステージに立ちたい。今日の日は決して忘れられません」と約4万5000人に感謝の言葉を送った。

日本デビューからわずか1年の新星だが、爆発的な歌唱と大胆なダンス&フォーメーション、そしてセクシーなルックスで日本のKポップシーンをけん引している。

9月に広島でスタートした日本公演は11日の大阪・京セラドーム公演まで続く。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
SHAKALABBITS、1年後に無期限活動休止
Septaluck、初めてのシングル&ワンマンライブ発表
SHAKALABBITS、2017年内をもって無期限の活動休止へ
SHAKALABBITSが無期限活動休止
韓流EXO華人メンバーのレイ、初ソロアルバムが100万枚突破!CD版も20万枚超え―中国
  • このエントリーをはてなブックマークに追加