「猛犬注意」の表示はあるけれど...何か間違ってると思う例いろいろ

「猛犬注意」の表示はあるけれど...何か間違ってると思う例いろいろ

  • らばQ
  • 更新日:2017/09/29
No image

“BEWARE of the DOG”は「猛犬注意」を意味する英語。

この表示を見たら注意が必要ですが……どう見ても「看板に偽りあり」と感じる例をご紹介します。

[この記事のすべての動画・画像を見る]

Some “Beware Of Dog” Signs Might Be “A Bit” Misleading

1.

No image

イラストと全然違うトイプードル。

2.

No image

たしかにレトリバーだけど、優しそうな顔。

3.

No image

やる気の感じられない猛犬。

4.

No image

もっとやる気の感じられない猛犬。

5.

No image

ちっちゃ!

6.

No image

よしよししたい……。

7.

No image

犬ですらない……。

8.

No image

こちらも猫。

9.

No image

そんなに見つめられても。

10.

No image

「猛犬注意」の下に小さく「猫も同じくらい、うさんくさいよね」

11.

No image

ヤギだし!

12.

No image

ヘラジカ!?

下手な犬よりよっぽど怖いです。

もちろん、小さくても攻撃的だったり、たまたま危険な犬が姿を現してないこともあるので、実際に表示を見かけたら油断は禁物です。

以前ご紹介した、こちらもどうぞ。
(「猛犬注意」の看板はあるけれど…どう見てもかわいい犬たちの写真いろいろ)

【「猛犬注意」の表示はあるけれど…何か間違ってると思う例いろいろ】を全て見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ネタカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
台湾に住む日本人の兄弟が「美少年すぎる」と世界中で話題に
それはあかんて!ヤドカリの暴挙。ぴったりな家を探した結果とんでもないホラーとなった。
約4700万円のランボルギーニにイタズラされた持ち主が激おこ! その様子を映した動画が超怖い...
この暗い美少女に「ギョッとする真実」が隠されていると話題に!
ライブ中しっとりと歌っているのに観客席から爆笑が! 原因は舞台のモニターに映った衝撃の映像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加